大借金に汚れた国土、そのツケ回しは無責任--『創発的破壊』を書いた米倉誠一郎氏(一橋大学イノベーション研究センター教授)に聞く

──エネルギー計画をはじめ全体ビジョン自体がはっきりしません。

内容は違うが、米国のケネディ大統領の決断を参考にしたい。

1961年4月12日にソ連の宇宙飛行士ガガーリンが人類初の宇宙飛行をした。それからほぼ1カ月後の5月25日、ケネディは議会で演説し、60年代末までに米国は月面に人を送り込むと公約。それまで地球周回の軌道にさえ乗せたことがなかったのだが、必ず逆転すると。

米国では若人がその演説に応えた。翌年に有為な学生が多く勇んでNASA(米国航空宇宙局)に入った。ありとあらゆるテクノロジーを集め、40万人規模の人材、何兆円というカネをつぎ込む。達成したのは8年後の69年、アポロ11号が月を往復した。そのときのNASA担当者の平均年齢は28歳だったという。

日本の場合は、5分の1のエネルギーで暮らすぞ、と宣言して、若者に大いに奮い立ってもらいたい。いきなりグーグルやフェイスブック級を考えろというのではない。いわば、日本人の得意の省エネ技術でこれから世界を再びリードするぞ、と宣言するに等しい。世界はかたずをのんで、そのソリューションを待っている。ここで「寝ぼけた政治家」のようにしていたのでは、脱原発に踏み出したドイツばかりでなく、イタリアにも負ける。従来に取って代わる知識体系を作るのだ。「正解のないテクノロジー」にこだわっていたら世界から置いてきぼりになる。

──取って代わる知識の体系とは……。

難しいことを言おうとしているのではない。たとえば、東京で5人乗りの車に5人乗っているのは2割もない。多くは運転手のみの1人乗り。それも近隣移動程度なら、ゴルフカートに毛の生えた車で十分だ。カーシェアリングや、コインパーキングを基地にしたレンタカーを活用してもいい。発想を変えて、新たな交通手段や仕組みを開発する。

今、主流の車自体、1890年代にダイムラーが考案したテクノロジーを踏襲したままだ。誤解を恐れず言えば、ほぼ鋼鉄の塊に鋼鉄の塊の内燃機関を付けて、そこでバチスタエンジンを爆発させ、カムをかませてタイヤを回転させるスキームだ。そこにどんどん新風を吹き込む。

復興においても、最高の「廃炉」のやり方を果敢に蓄積することだ。老朽化も進み、どうしたらいいか、いずれ日本に聞きたがるに違いない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT