PTA界にこだまする「パソコンが辛い」問題

パソコンを使えるばかりに仕事が殺到

パソコンを使える人はしばしば「パソコンを使えない人が悪い」というような言い方をしがちですが、これもある意味、一方的な話です。仕事の偏りがどうしても我慢できないのであれば、思い切って「手書きを前提にしてしまう」のもいいのではないでしょうか。

手書きにはこんな良さもある!

たとえば広報紙は、手書き前提だって作成可能です。以前は手書きで印刷所に入稿していたわけですから、今だって頼めばOKしてもらえるはずです。多少費用が上がるかもしれませんが、そこは割り切ってもいいのでは。あまりにも高い場合は、発行をやめるか、発行回数を減らすことを考えてはどうでしょうか。

あるいはいっそ、「完全に手書きの広報紙」を発行してしまうという手もあります。

実際に、ブロガー&漫画評論家の紙屋高雪さん(『町内会は義務ですか?』著者)のPTA・広報委員会では、通常の広報紙(印刷所に発注するもの)とは別に、「手書きの広報紙」を発行したそうです。

「内容は、先生たちに『小さいころ給食のメニューでどんなものが好きだったか』とか『どんな教科が好きだったか』をアンケートして、今の子どもたちの答えと比較するというものでした。公平にみて、こちらの手書きの方がはるかに面白かったです」

実は、この「手書き広報紙」を作成したメンバー(広報委員30人中の5人)は全員パソコンを使える人だったそうですが、「それでも敢えて手書きにする」という選択だってあるわけです。

書記の人が作る議事録や、保護者へのお手紙だって、手書きでも十分に目的は果たせます。

都内の小学校でPTA書記を務めるreptaさんは、このように話します。

「お手紙は『読めればいい(内容が伝わればいい)』んです。去年のお手紙の一部を修正テープで消して、手書きで直して印刷すれば、それで問題はないですよ。みんな『パソコンじゃないとダメだ』って思いすぎていますよね」

あるいは逆転の発想で、「業務集中」をより徹底させて、「専門の役職を作ってしまう」という方法もあるでしょう。

次ページいっそパソコン係を作ればいい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT