アップル、衝撃は「音楽配信」だけではなかった

iPhoneに標準搭載される「News」とは?

 

たとえば、電子秘書機能のSiriを使い、音声によるリクエストをさまざまな切り口で行うことができる。単純な楽曲の選択ではなく、曖昧な自然言語で指定できるのだ。

さらに、好きなアーティストを登録して自動選曲する「For You」でも、アーティスト指定のユーザーインターフェイスに工夫を加えている。選曲基準を決めるパラメーターについては専任のオペレーターが調整を行っていくことを示唆している。

またニューヨーク、ロンドン、ロサンゼルスから放映されるインターネットラジオも、月額9.99ドルというサービス料金に含まれているという。

アーティストに対する配慮も

衝撃的な安さといえる

加入型音楽配信サービスに楽曲を提供するアーティストへの配慮も、アップルならではのものだ。もともとiTunesにも搭載されていた、アーティストを中心としたSNS的な機能(ファンに対して別アレンジの楽曲やライブ映像を配信、オーディエンスはメッセージを書き込める)を拡大し、Apple MusicのConnect機能として作り直した。

ただし筆者は、このApple Musicを体験したわけではない。評価は、実際に使用してから書くべきだろう。アップルによるとApple Musicのサービスインは6月30日。世界100カ国でのスタートになるという。

月額9.99ドルで最初の3ヶ月は無料。家族向けには最大6人まで加入権を共有することが可能で、その場合は1家族14.99ドルという仕組みも斬新だ。当初はiOS 8.4以降に搭載される専用アプリ、あるいはMac版、Windows版のiTunesなどから楽しむことが可能だ。Android端末には今秋以降にApple Musicアプリが提供される。

次ページもうひとつの注目のサービスは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。