「新NISAを軽視する人」が結局FIRE失敗する理由 長期戦略がかえって早期のFIRE達成を近づける

拡大
縮小
お札の写真
新NISAを最大限活用して一気にFIREに近づく方法をご紹介します(写真:sumito/PIXTA)
2024年1月、少額投資非課税制度・NISAが生まれ変わる。
2020年にサイドFIREを達成した森口亮氏は、「新NISAにバージョンアップされることによって、より長期的で戦略的な資産形成が可能になります。FIREを目指す方にとってはこのうえない追い風となるでしょう」と語る。
そんな森口氏が、会社に縛られず、かつお金の不安もない自由な人生をわずか5年で手に入れるための「投資&資産形成戦略」を徹底解説した著書、『ガチ速FIRE』を上梓した。その中から、今回は新NISAを最大限活用して一気にFIREに近づく方法を紹介する。

新NISAはFIREにも間違いなく「追い風」

2024年1月からNISA制度がバージョンアップされて、NISAとして生まれ変わり、より長期的で戦略的な資産形成が可能になります

『ガチ速FIRE:知識ゼロ貯金ゼロからたった5年でセミリタイアする最強の株投資・資産形成 』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

新NISAでは投資枠が大きく拡充され、年間40万円から120万円に、月額で見ると月10万円まで非課税枠でつみたて投資できるようになりました。また、非課税保有期間も無期限化されます。

仮に月10万円の積み立てを20年間継続した場合、資産は3283万円(元本2400万円+運用益883万円)になっています。運用益である883万円には、本来約20%(約176万円)の税金がかかります。

新NISAを活用すると、この金額が全額非課税、つまりまるまる手元に残るのです。長期複利運用後の非課税の恩恵は大きく、FIREを目指すのならNISAを使わない手はないといえるでしょう。

逆にいうと、新NISAをスルーするということは、FIRE達成を遠ざけているとも考えられるのです。

次ページ新NISAを使いこなす2つの方法
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT