新NISAを待たずに今からNISAを始めるメリット 非課税枠の拡大や口座開設などの手間に利点

拡大
縮小
新NISA
(写真:umaruchan4678/PIXTA)

2024年の新NISA開始まで数カ月、続々と対象商品が発表されるなど注目が集まっています。一方、今年で終了する現行NISAはすでに影を潜めつつありますが、まだ十分に使えます。今からでもNISAを始めるメリットを挙げてみましょう。

非課税枠は大幅に拡大

来年から刷新する新しいNISA制度では、従来はどちらかひとつしか利用できなかった一般NISAとつみたてNISAが一本化され、ひとつの口座で「成長投資枠」年間240万円、「つみたて投資枠」年間120万円、合計で年間360万円を利益への課税なく投資できるようになります。

これまで期限があった非課税期間は無期限化し、運用で得た利益にはずっと税がかかりません(通常は20.315%課税)。利用できる非課税の総枠も1800万円(うち成長投資枠は1200万円)と、現行制度より大幅に拡大します。

さらに新NISA口座では保有していた株式や投資信託を売却すれば、その取得価額分の枠を再利用することが可能になります。また、制度としても期間限定だったものが恒久化しますので、枠の再利用をすれば生涯を通して1800万円以上を新規投資することもできます(ただし、枠が復活するのは売却した翌年です。また短期間で売却と買い付けを繰り返す回転売買は過剰な手数料負担や、十分に運用効果を上げる期間を確保できないおそれがある点にも注意が必要です)。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT