有料会員限定

パワー半導体最大手が語る「EV時代の勝ち筋」 インフィニオンの車載半導体トップに直撃

✎ 1〜 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 27 ✎ 28
拡大
縮小

ドイツのインフィニオンが相次いで巨額投資を発表している。一方で注力中のSiCパワー半導体では、競合とは異なり、材料となる基板を自社生産しない方針を採る。急速にEV化が進む今後5年間の、パワー半導体の技術進化と業界動向をどう見ているのか。

Peter Schiefer/シーメンスの半導体部門を経て、1990年に同社入社。2012年グローバルのオペレーション責任者に就任、半導体の生産やプロセス技術開発、サプライチェーンなど管轄。2016年よりオートモーティブ事業部プレジデント。2018年から上海汽車との合弁会社で取締役も務める(撮影:梅谷秀司)

特集「半導体 次なる絶頂」の他の記事を読む

パワー半導体最大手のドイツ・インフィニオン テクノロジーズ。142億ユーロ(約2兆円)を超える全社売り上げのうち45%を占めるのが、車載半導体を扱うオートモーティブ事業部だ。車載半導体の世界トップメーカーでもある同社は、EV(電気自動車)化を追い風に急成長が続く。車載事業部のトップである、ピーター・シーファー氏に戦略を聞いた。

2工場に最大計120億ユーロを投資する

――ルネサスエレクトロニクスやデンソーの存在感が大きい日本市場でも、インフィニオンは車載半導体の売り上げを伸ばしています。

品質に対する要求値の高い日本でビジネスを行うことは、決して簡単ではない。しかし30年間にわたり努力してきた結果、顧客の要求に応えられる品質の製品を供給できる会社だと認められるようになった。日本市場でのわれわれの車載半導体シェアは現在2位だ。このポジションを、さらに拡大していきたい。

品質に対する高い要求ゆえに、日本市場は重要だ。日本向けのビジネスを通じて品質への情熱が社内に醸成され、これが他地域での成功にもつながるからだ。

ここ2年間の半導体不足を通じて、日本の自動車メーカーに関して気づきがあった。彼らは(他国のメーカーと比べて)長期スパンでの物事を考えているということ。半導体不足で部品の割り当てを考えなければならない事態になったが、在庫を多く抱えていた日本メーカーは比較的対応する準備ができていた。

――EV化を追い風に業績は絶好調です。高成長はいつまで続きますか。

次ページ伝統的な自動車メーカーも変わってきた
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
半導体 次なる絶頂
市況回復を見据えて「10年で10兆円を投資」
TSMCの魏哲家CEOの発言は世界中の注目の的だ
自動車向、家電向けでの不足はしばらく続く
偽物や不良品をつかまされるリスクが大きい
回路設計者の人材がますます必要になっていく
普段はまったく意識しないものの、意外と身近な存在
ニュースでも頻出する用語をわかりやすく解説
2030年までに売り上げを2倍強にする方針も
主戦場のメモリーは投資競争が熾烈を極める
覇権を握るカギは「大口径化」と「SiC」にある
新技術「3次元実装」は世界のTSMCも日本を頼る
TSMC熊本誘致は半導体産業の復活を図る第一手
自民党「半導体議連」の甘利明会長が大胆提言
無策なら日本の半導体シェアは「ゼロ」になる?
経済産業省主導の国策、待ち受ける「茨の道」
TSMCが日本に第2工場検討、「熱狂の地」はどこに
1カ所目・熊本への経済効果は10年で4.3兆円
国策半導体ラピダスにIBM幹部が持ちかけた提案
脱クルマ依存がカギ、株式上場も視野に入れる
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
オンセミ新潟工場を投資ファンドが買収
半導体「国策しくじり物語」から学ぶ4つの教訓
国家プロジェクトが林立した2000年代の失敗
元通産官僚が率いる「半導体ファブレス」の勝算
5ナノなど最先端品で気を吐く唯一の日本勢
実用化に向けて準備が進む「ナノインプリント」
市況の山谷にあわせた人員調整から脱却する
政府主導の株式非公開化ではないと断言
リョーサンとの統合を決めた中村社長に聞く
菱洋エレクトロとの統合を決めた稲葉社長
市況の波にのまれず「メンテナンス技術」を継承
STマイクロ、インフィニオン、ウルフの各戦略
インフィニオンの車載半導体トップに直撃
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内