TSMCが日本に第2工場検討、「熱狂の地」はどこに 1カ所目・熊本への経済効果は10年で4.3兆円

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16
拡大
縮小

半導体大手のTSMCが国内2カ所目の工場検討を表明した。経済効果は莫大だ。

熊本県の半導体工場工事現場
すでに工場建設が始まっている熊本県の現場では昼夜問わず工事が進む(記者撮影)

特集「半導体 次なる絶頂」の他の記事を読む

「日本で2つ目の工場建設を検討している」。台湾の半導体受託製造最大手、TSMC(台湾積体電路製造)の魏哲家CEO(最高経営責任者)は1月12日に開催した決算会見でそう明らかにした。

TSMCは半導体業界における最重要企業と言っても過言ではない。製造技術で最先端を走り、スマートフォンやパソコンの脳にあたるロジック半導体の最先端品を製造するには欠かせない存在になっている。1月17日時点の時価総額は55.3兆円と業界トップ。誰もが知る半導体企業である米インテルの時価総額は15.9兆円で、実に3倍以上の差があることからも、その重要性が見て取れるだろう。

2022年12月期も業績は好調だ。売上高は9兆5900億円(前期比42.6%増)、純利益は4兆3000億円(70.4%増)と過去最高を更新した。足元で半導体業界が調整局面を迎えている中でも、着実に利益を上げ続けている。

TSMCの工場建設が進む熊本はお祭り騒ぎ

そんなビッグネームがなぜ、日本への投資を加速させているのか。背景にあるのは台湾有事のリスクだ。自民党の半導体戦略推進議員連盟で会長を務める甘利明氏は「台湾有事が起きてTSMCが製品を出荷できなくなれば、世界の半導体供給の6割が止まる」と危機感をあらわにする。

次ページインフラ整備は急ピッチ
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
半導体 次なる絶頂
市況回復を見据えて「10年で10兆円を投資」
TSMCの魏哲家CEOの発言は世界中の注目の的だ
自動車向、家電向けでの不足はしばらく続く
偽物や不良品をつかまされるリスクが大きい
回路設計者の人材がますます必要になっていく
普段はまったく意識しないものの、意外と身近な存在
ニュースでも頻出する用語をわかりやすく解説
2030年までに売り上げを2倍強にする方針も
主戦場のメモリーは投資競争が熾烈を極める
覇権を握るカギは「大口径化」と「SiC」にある
新技術「3次元実装」は世界のTSMCも日本を頼る
TSMC熊本誘致は半導体産業の復活を図る第一手
自民党「半導体議連」の甘利明会長が大胆提言
無策なら日本の半導体シェアは「ゼロ」になる?
経済産業省主導の国策、待ち受ける「茨の道」
TSMCが日本に第2工場検討、「熱狂の地」はどこに
1カ所目・熊本への経済効果は10年で4.3兆円
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内