有料会員限定

ニッポン半導体の復活、ラストチャンスは今だ 無策なら日本の半導体シェアは「ゼロ」になる?

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小

特集『半導体 次なる絶頂』の第14回。1980年代に約4割を握っていた日本勢のシェアは2019年時点で約1割に。世界の半導体市場における日本のシェアはこの30年で凋落した。今動かなければ日本の地位は一段と低下しかねない。

iPhoneとかつてのパソコン売り場
ウィンドウズ95発売を機に普及したパソコンや、iPhoneなどスマホでは、日本勢がシェアを取れなかった(撮影:尾形文繁)

特集「半導体 次なる絶頂」の他の記事を読む

「日本人はそんな所にいないでくれ」──。半導体製造に使うフォトレジスト大手のJSRで社長まで務め、現在は名誉会長の小柴満信氏。米国で顧客の工場を訪れた際、守衛からそう言われた経験を持つ。

時は1990年代。日米半導体摩擦の熱がまだ残っており、反日感情は若き日の小柴氏にも向けられた。日本の半導体産業は、世界を席巻し80年代に栄華を極めた。危機感を覚えた米政府は、日本の半導体市場の開放や日本の半導体メーカーによるダンピングを防ぐための日米半導体協定を86年に締結。日本勢の弱体化を図った。

シェアが「ほぼ0%に⁉」

それから35年を経た2021年6月。経済産業省が「半導体戦略」と題した資料で示した「将来予測」が話題を呼んだ。19年時点で約1割となった世界の半導体市場における日本企業のシェアが、将来的には「ほぼ0%に⁉」と警鐘を鳴らしたのだ。86年には約4割のシェアを占めていただけに、その凋落ぶりはすさまじい。

次ページ大きな成果を上げられなかった支援策
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
半導体 次なる絶頂
市況回復を見据えて「10年で10兆円を投資」
TSMCの魏哲家CEOの発言は世界中の注目の的だ
自動車向、家電向けでの不足はしばらく続く
偽物や不良品をつかまされるリスクが大きい
回路設計者の人材がますます必要になっていく
普段はまったく意識しないものの、意外と身近な存在
ニュースでも頻出する用語をわかりやすく解説
2030年までに売り上げを2倍強にする方針も
主戦場のメモリーは投資競争が熾烈を極める
覇権を握るカギは「大口径化」と「SiC」にある
新技術「3次元実装」は世界のTSMCも日本を頼る
TSMC熊本誘致は半導体産業の復活を図る第一手
自民党「半導体議連」の甘利明会長が大胆提言
無策なら日本の半導体シェアは「ゼロ」になる?
経済産業省主導の国策、待ち受ける「茨の道」
TSMCが日本に第2工場検討、「熱狂の地」はどこに
1カ所目・熊本への経済効果は10年で4.3兆円
国策半導体ラピダスにIBM幹部が持ちかけた提案
脱クルマ依存がカギ、株式上場も視野に入れる
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
オンセミ新潟工場を投資ファンドが買収
半導体「国策しくじり物語」から学ぶ4つの教訓
国家プロジェクトが林立した2000年代の失敗
元通産官僚が率いる「半導体ファブレス」の勝算
5ナノなど最先端品で気を吐く唯一の日本勢
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内