「戦後コンセンサス」が再び注目される理由

台頭する右派と左派が見る「共通の夢」

世界中で社会的、経済的な平等を求める人が増えている(kai/PIXT)

第2次世界大戦(欧州戦線)が終わりを告げた1945年5月8日。世界は、至る所廃墟だった。人間の破壊能力にはほとんど制限がないとすれば、最初からまたすべてを始める力は、ただ見事としかいいようがない。

終戦直後、数百万の人々は飢えに苦しみ疲れ果て、生きること以外何もできなかったに違いない。しかし同時に、ある理想主義の波が瓦礫(がれき)を越えて広がった。今までより平等で、平和で、安全な世界を作る決意の固まりのようなものだ。

社会民主主義の台頭

戦争の英雄であるチャーチルが1945年の夏、日本の降伏前だったのに選挙で再選されなかったのはそのためだ。人々は、特権階級と社会的貧困の時代に戻るために命の危険を冒したのではない。よりよい住まい、教育、無料の医療制度がすべての人に与えられることを望んだのだ。

右派のレジスタンスを率いるシャルル・ド・ゴールですら、自身の戦後最初の陣営には共産主義者を受け入れざるをえず、産業と銀行の国有化に同意した。西欧は全体的に、社会民主主義的福祉国家に向かい、左寄りとなっていた。これは「1945年コンセンサス」の一部だ。

1945年に設立された国際連合では、こうした強い願望が声を上げることもあった。アインシュタインなど多くの有名人が、世界単一政府は確実に国際平和をもたらすことができると信じていた。

その夢がはかなく消えたのは、冷戦により世界が2つの敵対するブロックに分かれたときだ。しかし1945年コンセンサスは西側で強化されていた。反ファシズムの頂点である共産主義は知的面でも感情面でも広くアピールした。そこでより広い平等性と機会をすべての人に約束した社会民主主義が、イデオロギー的な解毒剤として作用した。社会民主主義者のほとんどは猛烈な反共主義者だった。

次ページ1945年コンセンサスが死んだ日
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。