だから欧州は移民問題を解決できない

自国の利益だけ追う閉鎖的政策の限界

欧州各地で反移民ムードが高まっている(Anadolu Agency/Getty Images)

欧州の移民問題は、現在も続く経済の不均衡に関する討論の中に根本的な欠陥があることを暴露した。豊かな国に生まれ育った幸福な私たちだけでなく、地球上のすべての人々に平等なチャンスが与えられるような、真に進歩的な支援は実現できないのだろうか。

先進国の思想的リーダーの多くは絶対的権利の精神性を信奉している。だがその範囲は一定の境界線で区切られる。自国内での権利の浸透が最も重要であり、市場が発展しつつある国や途上国に住む人々には関心を持たない。

15%の人々が40%の資源を使っている現実

先進国のミドルクラスに属する人々でも、世界的に見ればアッパークラスに属している。国家の停滞期を過ぎてもこのことを忘れてはならない。先進国に住む人の数は地球人口の約15%にすぎないが、先進国は世界の消費と資源使用の40%以上を占める。

豊かな場所で税率を相対的に高くすることは、一国内の不平不満を緩和する方法として理にかなう。しかし、このやり方では途上国の深刻な貧困問題を解決できないだろう。

ピケティは自著で、国内で発生した不平等が確実な後退をもたらしているため資本主義は失敗しつつある、と述べている。一方、世界中の市民すべてを等しく見ることができれば、物事はかなり違ってとらえられる。

さまざまな手段により、国家間の格差は過去30年間で著しく縮んでいる。これは資本主義が大成功を収めてきたことを示す。資本主義によっておそらく、先進国の労働者は裕福な国に生まれたために楽しい生活ができているという不和の理由が徐々に消えている。さらに資本主義は、アジアや新興マーケットで生活する真の中間層といえる人々の収入を伸ばす要因にもなっている。

次ページ移民を増やす要因となっているのは
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT