いかに生きるか社員に伝える

伊那食品工業会長・塚越寛氏④

つかこし・ひろし 伊那食品工業会長。もともと農家の冬の副業で相場商品だった寒天に、社員の1割を研究開発に充て付加価値を付けてきた。著書に『いい会社をつくりましょう』『リストラなしの「年輪経営」』ほか。1937年生まれ。10代後半の3年間、結核の病に伏した。

海外社員旅行は1969年から1年おきに実施しています。今も会社が1人9万円出して、各自月2000円ずつ積み立てる。十数班に分かれて、9~11月までの間、どこかの班がどこかに行ってるわけ。ニュージーランドに行った連中なんて、全行程レンタカーとレンタバイクで550キロメートル移動したって。

各班1週間以内、どこへ行ってもいいけど、一つ条件として、基本は滞在型の旅にしろって言ってある。荷物は置いて、自分で計画して自分で行動しなさいと。いっぱい調べてそれが勉強になり、知識も視野も広がるじゃない。社員一人ひとりの成長の総和が会社の成長なわけよ。売上高が会社の成長じゃないんだよ。

留守中の仕事はみんなが補う。抜けるほうは「よろしく頼む」、送るほうは気持ちよく「行ってらっしゃい」って言うような関係が生まれるわけ。それが「伊那食ファミリー」の意識を高めてる。うちは誰もが忙しい場所へすぐ入る。研究員だって役員だって、レストランが忙しければ自然と手伝いに行くもん。

「百年カレンダー」と「教育勅語」

社員には別に、笑顔を作りなさいとか、こんな言葉をかけなさいとか何も指示してないけど、お客さんに喜んでもらおうと自然体で接してるね。掃除も毎朝全員でやる。空気が違うよ、うちの朝は。寒いのにみんな一生懸命。本当に頭が下がる。だから福利厚生こそ最重要。今も立派な社宅をもう一つ建ててるところ。

「百年カレンダー」というのを作ってるの。1枚の紙に並ぶ暦の中に必ず社員全員の命日がある。人生には限りがあって、生きてるうちにやれるだけのことやらなきゃ損だ、本当に幸せになりたいなら、人の役に立って喜んでもらえるようなことをしろと。そう社員に教育をします。

研修では「教育勅語」も使う。人間として当たり前のこと、日本人のバックボーンだよ。親孝行しろ、兄弟は仲よく、友達は信じ合えとか、人格を磨いて社会に貢献せよとか。戦後民主主義教育で否定する人もいるけど、いいこと書いてあるんだよ。

それから二宮尊徳の「遠くをはかる者は富み 近くをはかる者は貧す」の言葉を社内に掲げてる。目先の損得を考えるなと言われても、簡単なことじゃない。だからひたすら言い続けて、社員に浸透していくことを願ってる。百年カレンダーを見ると、俺の命日なんか残念ながら、もう上から2段目のどこかにある。一日一日がもったいない。だから会社の永続を考えて、俺が会社を去る前に、できる範囲で世の中のためになればいいと思ってやってる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT