食品はそれぞれの国の文化

伊那食品工業会長・塚越寛氏③

つかこし・ひろし 伊那食品工業会長。もともと農家の冬の副業で相場商品だった寒天に、社員の1割を研究開発に充て付加価値を付けてきた。著書に『いい会社をつくりましょう』『リストラなしの「年輪経営」』ほか。1937年生まれ。10代後半の3年間、結核の病に伏した。

取引先ともウィン・ウィンの関係が大事。ビジネスとは何かといえば、「この会社が好き」というファンをいかに増やすかだと思ってる。会社は本来、社会の営みの中で人を幸せにするためのもの。その中でいちばん身近な人は社員でしょ。この会社はこの町の人を幸せにする、あの会社はあの町の人を幸せにする、そういうのが日本中にあるといい。取引先が儲かれば、そこの人が幸せになる。だから取引先からは正しい値段で買えばいい。

そういう意味では、スーパーとはあまり取引がない。身の丈に合わない商売はしないっていうのもあるけど、スーパーさんっていうのは、商品を育てるっていう気構えがないから。自分で育てるんじゃなく、テレビで宣伝して売れるようになったものを並べときゃいい。まじめに地場産業おこしをやってる中小企業がいっぱいあるのに、そういうのを大事にしないから。かつて、あるコンビニチェーンに「うちで扱ってもらいたいなら、最初は1円で持って来い」って言われたことがある。あるいは半値で、とか日常茶飯事だった。

 伊那食品は輸出はしません

寒天雑炊といういい新商品ができたんだ。あられ状の寒天でけっこう難しいの。でもそれもスーパーでは売らないんです、ブランド化できないから。有名とブランドとは違う。本当のブランドっていうのは、値引きせずに売れる品なんだよ。値引きして売るのなら、じゃあ定価ってそもそも何だ、っていうことになる。定価っていうのは、その会社が正常な企業活動をするために必要な価格なんだよ。それは本来守られるべきでしょ。あらかじめ高い定価つけといて、売るときは何割引きなんていうのは欺瞞だよ。だからうちは値引きはしない。そのかわり適正価格をつける、正常な企業活動ができる価格をね。量産しないし生産量も少ないから、自分で売ればいい。

伊那食品は輸出はしません。それはその国の人の領域を侵すことだから。食品という産業はその国の人がやるべきものだ。その国の文化まで侵すようなことやっちゃいかんのよ。儲けるために行くっていうのはおかしいんだよ。海外に四つあるうちの協力工場にはしょっちゅう、需要開発しなさいよって話して、そのためのノウハウもどんどん教えてる。日本だけに市場を限れば、当然伸び率は悪いよ。でも食品は日本だけでも70兆円市場。うちの売上高はたった170億円。寒天は健康にいいから、それを訴えていけばみんなが幸せになる。成長余地がありすぎちゃって天井が見えないよ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT