ホンダ新型「アコード」日本導入で起爆剤となるか 国内消滅からの返り咲き、初搭載の機能で勝負

✎ 1〜 ✎ 148 ✎ 149 ✎ 150 ✎ 最新
拡大
縮小
来年春に日本導入予定の新型アコード
来年春に日本導入予定の新型アコード(撮影:三木宏章)

2023年1月に「アコード」販売終了に伴い、歴史ある車名が消滅し、さらに4ドアセダンの国内ラインナップがなくなったホンダ。しかし、2023年9月21日、ホームページで新型となる11代目アコードの情報を公開し、来年春に国内導入することを発表した。

単なる移動手段だけではなく、使い勝手がよく、安心して快適にくつろげる室内空間。ホンダが2024年春に国内導入することを発表したミドルサイズセダンの新型アコードは、近年のクルマに求められているそうした付加価値に重点を置いていることが特徴だ。

この記事の画像を見る(95枚)

ホンダ初の機能満載な新型アコード

車載向けコネクティッドサービス「グーグル・ビルトイン」
国内ホンダ車初となる、車載向けコネクテッドサービス「グーグル・ビルトイン」を搭載。グーグル・マップやグーグルプレイ、グーグルアシスタントなどを車内で利用可能(撮影:三木宏章)

とくに注目なのは、国内ホンダ車で初となる「グーグル・ビルトイン(Google built-in)」の搭載だ。同じく新装備の12.3インチ大型ディスプレイオーディオとの連携で、グーグルマップをはじめ、音楽系など多様なアプリをタッチ操作だけでなく、音声操作でも使うことが可能。また、エアコンの設定温度やオーディオ、照明などを簡単な操作で設定できる新型の集中ダイヤルなども採用することで、より先進で使い勝手のいい装備を数多く採用する。さらに高度なセンシングを可能とする最新の安全運転支援システム「ホンダセンシング360」も搭載し、さらなる安全性の向上も図っている。

こうした「国内ホンダ車初の技術や装備を数多く投入」したのが新型アコード。近年、日本ではセダンモデル人気の落ち込みが著しいなか、あえて投入した新型モデルには、いったいどんな魅力や特徴があるのだろうか。まだ、価格や詳細なスペックなどは明らかになっていないが、ほぼ最終仕様と思われるプロトタイプを実際に取材したので、現段階でわかっている情報をお伝えしよう。

次ページホンダのアコードってどんなクルマ?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT