「センチュリーのSUV」価格2500万円~の超世界観 セダンでもミニバンでもない新たな高級車の形

✎ 1〜 ✎ 147 ✎ 148 ✎ 149 ✎ 最新
拡大
縮小
2023年9月6日発表、受注を開始したセンチュリーのSUVモデル(写真:トヨタ自動車)
2023年9月6日発表、受注を開始したセンチュリーのSUVモデル(写真:トヨタ自動車)

センチュリーのSUVが出る――。

当初は噂話に過ぎなかった嘘のような話が現実味を帯びてきたのは、昨年だっただろうか。スクープ系メディアを中心に、自動車メディアが前代未聞のSUVが現実となることを伝えはじめた。

発表会の壇上に現れた2台

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そして2023年9月6日、トヨタ自動車は「Century with New Body Type World Premiere in Japan」と題して発表会を実施。トヨタ自動車取締役・執行役員 デザイン領域統括部長のサイモン・ハンフリーズ氏のプレゼンテーションとともに、ついにセンチュリーのSUVがその姿を現した。

この記事の画像を見る(27枚)

発表会の壇上に現れたのは2台で、1台はグレーとシルバーの2トーンカラー、もう1台はカーキグリーンとグレーの2トーンカラーをまとっていた。

グレー/シルバーのほうは、まさに“センチュリーのSUV”といった風情。

スクエアのグリルやショルダーのラインがセンチュリーらしさを感じさせる(写真:トヨタ自動車)
スクエアのグリルやショルダーのラインがセンチュリーらしさを感じさせる(写真:トヨタ自動車)

対してカーキグリーン/グレーのほうは、よく見ればカーボン製のエアロパーツがついており、グリルには小さなGRのバッヂがつく。

セダンのセンチュリーGRMNは世界で2台だけが作られた豊田章男スペシャルの特別仕様だったが、SUVモデルではGRもラインナップに加わるようだ。

次ページ驚くべきリアドアの仕様
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT