「日本人であること」が武器になる仕事とは?

海外で働くために考えるべきこと

いただいた文章の中でもうひとつ、気になる点があります。「日本企業に3年程度いたものの、ハードスキルが身に付かなかった」とありますが、ご自身が受け身ではなく、積極性を持って「これを学ぶんだ」という姿勢がなければ、スキルを身に付けるのは難しいです。

受け身ではなく積極性を持って学ぶ

そもそも会社に所属するだけでは、その会社にとっての常識は身に付きますが、応用の効くようなスキルが身に付くかどうかはわかりません。社会人たるもの、そういったスキルが仕事を通じて身に付かないのであれば、社外で身に付ける(スクールに通うなど)という積極性が求められます。いわゆる「仕事ができる人」は、そうやって努力をしています。

Best Matchさんが現地の大学院で何を身に付けてきたのか、最初の仕事として翻訳に従事した理由、そしてその後、広報として何を学んできたのかはわかりかねますが、6年の中で感じてきた問題意識から、チャンスを見いだすという視点も大切です。

経験を生かすということでは、オーストラリアの企業やサラリーマンはどういった勉強をしていて、現地ではどういった社会人向けの教育サービスが提供されているのかを、振り返ってみてください。片方の国にあり他方にないものに、何らかのニーズがあるかもしれません。

Best Matchさんは海外でやっていこうという気概を持たれている頼もしい方なのだと思います。後はその勢いをしかるべき方向に持っていくための、「気づく力」を養うといいかもしれません。焦らず、進むべき方向性を見つけるようにしてください。

 

※安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。