「成績が伸びない子」を一瞬で見抜く東大生の質問 「好きなこと」を聞くだけでわかる超納得の理由

拡大
縮小
悩んでいる女子学生
ある質問をすると、「成績が伸びるかどうか」が一目瞭然になるといいます(画像:metamorworks/PIXTA)
覚えられない、続けられない、頑張ってもなぜか成績が上がらない――勉強が苦手で、「自分は頭が悪い」と思い込んでいる人も、実は「勉強以前の一手間」を知らないだけかもしれない。
そう話すのは、中高生に勉強法の指導をしている「チームドラゴン桜」代表の西岡壱誠さんです。
「僕も昔はこれらの工夫を知らなくて、いくら勉強しても成績が上がらない『勉強オンチ』でした。でも、『勉強以前』にある工夫をすることで、『自分に合った努力のしかた』を見つけられて、勉強が楽しくなったんです。効果は絶大で、偏差値35だった僕が東大模試で全国4位になり、東大に逆転合格できました」
西岡さんをはじめとする「逆転合格した東大生」たちがやっていた「勉強以前の一工夫」をまとめた書籍『なぜか結果を出す人が勉強以前にやっていること』が、発売すぐに3万部を突破するなど、いま話題になっています。ここでは前回に続き、東大生が「勉強以前」に見抜く、「伸びる子」「伸びない子」の特徴を解説します。

この質問で、成績が伸びるかどうかがわかる

僕は毎年、何百人もの生徒に勉強を教えています。

『なぜか結果を出す人が勉強以前にやっていること』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

日本全国の学校や塾と連携して、「まだ勉強を本格的にやったことのない生徒たち」に勉強を教えて、成績を大きく向上させるきっかけを提供する仕事をしています。

そんな中で、成績以外の面で、「あ、この子はこれからきっと成績が上がるだろうな」ということがわかる瞬間があります。

勉強以外の面で、その生徒が東大合格を狙える子なのかそうでないのか、その子のポテンシャルがわかる瞬間があるのです。

それは、「あなたの好きなことはなんですか?」と聞いたときです。

なんてことのない、趣味を聞く質問に感じられると思いますが、この質問に対する答え方で、その子の潜在能力がわかるのです。

次ページ成績が伸びる子、伸びない子、答え方の違い
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT