コロナ患者再び増加「ワクチン秋接種」は必要か? 国産ワクチン初承認も「使えない」というお粗末

✎ 1〜 ✎ 50 ✎ 51 ✎ 52 ✎ 53
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小

マスクについては、①絶対に感染させたくない他者に接するときはサージカルマスクを外さない、②自分が感染することを防ぐには、人混みの中に行くときはマスクを着用する(重症化リスクのない人はサージカルマスクのみ、リスクのある人はダブルマスク法で)、の2つを心がけよう。

「人混み」の中に満員電車が含まれるかは「難しい問題」と谷口医師は言う。車内でしゃべっている人がいなければ、混雑している飲食店などに比べれば感染リスクは低いからだ。

しかし、満員電車の中で、もしも自分が感染していると気づいていない人が咳やくしゃみをすれば、それだけで感染リスクは上昇する。

重症化リスクのある人は対策を

重症化リスクがある人は以下の4つを徹底することが引き続き求められるそうだ。

①自宅でできる検査キットを常備しておく(参考記事:開業医が抱く危機「コロナ5類で診る医師は減る
②症状が出れば、検査キットの結果にかかわらず、かかりつけ医にオンライン診療も含めて相談する
③ワクチンを受けるべきか、かかりつけ医と相談する
④飲食店や人混みには注意する

一方、新型コロナでは後遺症が残る場合もある。谷口医師が診察を重ねるなかで、後遺症を残しやすい人と考えているのは、以下の人たちだ。

①40~50代の女性
②リウマチやシェーグレン症候群など、膠原病、自己免疫疾患などにかかっている人
③過去に精神科の受診歴がある人

画像をクリックすると記事一覧ページにジャンプします

「このような人たちには、重症化リスクがある人と同じ対応を取るよう助言しています」と谷口医師は話した。

重症化リスクのない人にとっては気にする必要のなくなった新型コロナ。とはいえ、私たちの周りには、見ただけではわからなくても、抗がん剤の服用中だったり、持病を抱えて重症化リスクがあったりする人もいる。これからまた第9波が来る(来ている?)ような話もあるが、そうした人たちの存在をつねに頭に置き、感染させないように気をつけたい。

谷口 恭
谷口医院院長
1991年、関西学院大学社会学部卒。4年間の商社勤務を経て、大阪市立大学(現・大阪公立大学)医学部入学。タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医に影響を受け、帰国後、大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。2007年から現職。大阪公立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。
井上 志津 ライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

いのうえ しづ / Shizu Inoue

東京都生まれ。国際基督教大卒。1992年から2020年まで毎日新聞記者。現在、夕刊フジ、週刊エコノミストなどに執筆。福祉送迎バスの添乗員も務める。WOWOWシナリオ大賞優秀賞受賞。著書に『仕事もしたい 赤ちゃんもほしい 新聞記者の出産と育児の日記』(草思社)。

この著者の記事一覧はこちら
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事