「ワクチン不信」接種拒否で流行する感染症の実態 海外赴任前の予防接種、古い日本政府の情報

拡大
縮小
パスポート 海外渡航者
コロナが収束すれば世界は元に戻ると思っていたが、感染症だらけの世の中になってしまった(写真:haku/PIXTA)

世界ではジフテリア、麻疹の流行が起きている。なぜワクチンで予防できる感染症が今流行しているのか? 原因は大きく2つある。まず、コロナ禍で医療提供体制が崩壊し、必要なワクチンを受ける機会を逃したこと。そしてワクチン不信による接種拒否が増えている。コロナが収束すれば世界は元に戻ると思っていたが、感染症だらけの世の中になってしまった。歴史の中で、病原体の方が上手で、人類は常に翻弄されてきた。どう対策すれば良いのだろうか?

再び「ワクチンで防げる病気」で死ぬ時代に

2023年10月、アフリカ大陸のアルジェリア、ギニア、ニジェール、ナイジェリアでは、ジフテリアの流行が報告されている。致死率は4.1%と高く、ナイジェリアだけで90%以上を占めている。これらのジフテリア患者の65%以上はワクチン接種歴がなく、60%以上が15歳未満である。アルジェリアでは、ワクチン接種歴のない外国人の感染も報告されている。

ジフテリアは、細菌によって引き起こされ、主に呼吸器系を侵し、進行すると毒素による心臓の障害が起きる。感染経路は飛沫であり、感染力が強く、感染者はおよそ2~3人に感染させる。これはインフルエンザより感染力が強く、流行が拡大している時期のコロナ並みだ。

ジフテリアに対するワクチンは3種(ジフテリア・破傷風・百日咳)混合ワクチンに含まれており、日本では多くの人が乳幼児期に接種を受けている。乳幼児に対する3種混合ワクチンは、やがて不活化ポリオを加えた4種混合になり、2024年度からはインフルエンザ菌b型(ヒブ)を加えた5種混合ワクチンにアップデートされる。子どもの頃にこれらのワクチンを規定回数(通常は4回)受けていれば、基礎的な免疫はある。ただし、時間と共に防御効果は低下するので、海外赴任などで高リスク地帯に行く前にはワクチンの追加接種を打っておきたい。

次ページ麻疹が全世界で流行
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT