ファナック、決算説明会で出た社長の"本音"

富士山麓の本社で4年ぶりに開催

富士山麓の本社で決算説明会を開いた(写真はファナック会社案内より)

富士山のふもとに広がる森林の中を黄色いバスが走り抜ける。目の前に黄色い建物で埋め尽くされた敷地が現れると、”乗客”のアナリストらが「おおっ」と思わず声を上げた。山梨県忍野村にあるファナックの本社だ。

同社は4月28日、約4年ぶりに本社で決算説明会を開催。午前10時、60人近く集まったアナリストや機関投資家の前に、黄色いジャケットを着た稲葉善治社長が会場に現れた。黄色は社長の父親で実質創業者である稲葉清右衛門名誉会長が、”戦いの色”と位置づけたもの。稲葉社長は何を語るのか。会場はある種の期待と熱気に包まれた。

「私は声が大きいので地声でよろしいですね」。冒頭、稲葉社長はそう言って笑いを誘いつつ、1時間の説明会を始めた。前期の実績や2016年3月期の見通しを10分ほど説明した後、残りはすべて質疑応答に充て、どんな問いかけにも終始よどみなく答えた。

「皆さんと話しても、業績は上がらない」

2014年の展示会。ファナック社員は黄色のジャケットを着用する

今年3月に稲葉社長が株主との対話を重視する方針を打ち出し、4月にはシェアホルダー・リレーションズ(SR)部という専門部署も設置。最低限に抑えられてきた決算や企業戦略の開示にも変化が表れており、本社での説明会の再開もその1つだ。

アナリストとのやり取りの中では”本音”も飛び出した。今後の説明会の方針を問われた稲葉社長は、「はっきり申し上げて、みなさんとお話をしていても業績は上がらない。私の時間は24時間しかないので、1時間でも2時間でもお客さんに会って信頼関係を築くことが大事。このとおり、おしゃべりですから(説明会にも)時間を取りたいが、私の責任は業績を上げることにある」。意表を突く答えに参加者たちからどっと笑いが起きた。

実際、取引のある工作機械メーカーの首脳は「稲葉社長は本当に休む間もなく働いている。山口(賢治)副社長をはじめとする役員の働きぶりもすごい」と舌を巻く。ファナックが扱う工作機械用のNC(数値制御)装置はシェア5割超で世界トップ。そして、連結営業利益率40%という驚異的な収益性は、社長以下、従業員の猛烈な働きぶりの賜物なのだろう。

アナリストらの面前で「時間がない」と言ってのけた稲葉社長だが、「半年に1度は決算説明会を開く。それでご容赦いただきたい」とフォローした。

次ページ配当性向倍増のワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT