「休んでもやることがない」人が実は抱える問題 生きる上で「楽しみ」や「気晴らし」は重要だ

拡大
縮小
日本人が年休を取らない理由の1つに「休んでもやることがない」というのがありますが、これは実は大きな問題です(写真:Graphs/PIXTA)
働き方が多様化する中で、気がつくと週末もなぜか仕事をしていて、長い間「ちゃんと休んでいない」と思うことはありませんか。そんな方におすすめなのが、年や半年単位ではなく、1週間、1カ月の中で休む時間を設けることです。本稿では、早稲田大学教授・精神科医で産業医としての経験も豊富な西多昌規氏著『休む技術2』より、1週間、1カ月の中での休み方のコツを紹介します。

1カ月をざっくりと分割する

働き方の多様化によって、以前よりも「週末」の感覚がなくなってきた、という方はいないでしょうか。そんな状態が続くと、例えば土日は休みだとわかっていても、「この書類を作っておかないと不安」「いいアイデアを思いついた」「ネットを見ていたら、忘れていた作業を思いだした」など、プライベートに自分から仕事を呼び込んでしまいかねません。

それが習慣化してしまえば、オフの日にリラックスして身体と心を休める暇もなく、なんだかいつも忙しいのに毎日仕事が終わらない、という悪夢のような日常から逃れられません。

この先の見えない世の中では、半年、1年のリズムよりも、1週間、1カ月のリズムに気をつけて積み上げていくのが現実的でしょう。それでも1カ月は、あっという間に過ぎていきます。次の月の行事や予定、忙しさをイメージする時間を、前の月の終盤には持ち、休みのタイミングもプランニングしましょう。

1カ月を上旬・中旬・下旬に分けて、上旬にはこの作業を済ませておきたい、中旬には緊張するイベントがあるので無理しない、下旬は月締めの作業があるので仕事モードで、など、ざっくりしたイメージをつくることも効果があります。

前半・後半という分け方でもいいですし、週末ごとに分けるほうが合っていれば、それがいいでしょう。月末は忙しいから、なるべく月の前半で仕事を進めておく、といった、大まかなイメージも悪くありません。

週末が休みの会社に勤めているなら、せめて土日は意識して平日と違うルーティーンをつくるなどして、1週間のなかにメリハリを取り入れることからはじめましょう。

次ページリモートワーカーこそ「有給休暇」の取り方が大切
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT