欧米のエリートはなぜ「NO!」と言うのか

「答えのない問い」で鍛えられる人たち

(写真:ひでっ♪ / PIXTA)
正解のない、哲学的な問いへの思考が幼少から培われる欧米社会。なぜ「エリート」に哲学が必要なのか、世界有数の経営大学院での経験を基に福原正大氏が語ります。
※前回記事:世界のエリートはなぜ3歳から哲学を学ぶか

 

「そうかもしれませんね」

「そうとも言えますよね」

どちらも日本人同士の会話で、よく耳にする相づちではないでしょうか。相手が話した内容を理解してはいるけれど、肯定も否定もしない。そんなあいまいな共感です。

「私はそうは思いません」

「こういう考え方もあるのではないでしょうか」

と相手に自分の考えを返せる人が、どれだけいるでしょうか。

フランスで経験した「高い壁」

ほぼ単一民族に近いとされる日本では、争いごとを避け、以心伝心で相手の意をくみ取ることが暗黙の了解となっている“空気”があります。

相手に反論したり意見したりすることに、なんとなく居心地の悪さを感じたり、“大人げない行為”のようにとらえる人は多いでしょう。反論して感情的な言い争いになるくらいなら、うなずいておけば穏便に済む──そんな消極的な感覚もあるかもしれません。

これでは結論が玉虫色になることが少なくありませんし、仕事であれば、実際に責任の所在もあいまいなままのことが多いでしょう。

日本語は「YES」「NO」をはっきりさせない表現が豊富です。それは必ずしも悪いことではありませんが、グローバルな舞台に立ったとき、そんなあいまいな表現では相手には伝わりません。

1996年、私が当時勤務していた東京三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)の留学制度を活用して、フランスのINSEAD(インシアード・欧州経営大学院)に留学したときのことです。フランス語はもとより英語も流暢ではなかった私には、言葉の壁が立ちはだかり、なかなか友人ができずにいました。

授業についていけず、学校に行くのも嫌になり、日本に戻りたいという気持ちが頭をよぎるような状況でした。人生で初めて胃けいれんを経験したのもこのときです。

そんな中で初めての友人となったのは、フランス人の同級生でした。

次ページなぜ彼はいつも「ノン(No)」と言うのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。