猛る信玄の策略に嵌るも生き延びた家康の強運 三方ヶ原で敗れし家康に味方したのは英傑の死

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 最新
拡大
縮小
NHK大河ドラマ『どうする家康』 阿部寛 武田信玄
戦国最強と言われる武田軍を率いる、阿部寛さんが演じる武田信玄(画像:NHK大河ドラマ『どうする家康』公式サイト)
NHK大河ドラマ『どうする家康』第16回「信玄を怒らせるな」では、阿部寛さんの演じる武田信玄が、戦国最強とも言われる精強な兵たちをいかに育てあげたかが描写されました。第17回「三方ヶ原合戦」では、その武田信玄を迎え撃つべく浜松城に籠城する家康を驚かせる展開が。『ビジネス小説 もしも彼女が関ヶ原を戦ったら』の著者、眞邊明人氏が徳川家康視点での三方ヶ原の合戦について解説します。

家康、信玄を怒らせ信長を戸惑わせる

武田と徳川は当初、今川領への侵攻を示し合わせていました。

同盟とまではいかなくとも、互いの歩調を合わせることで合意をしていたのです。しかし武田側が約束を違え、遠江から侵攻したことで、関係がややこしくなります。

家康は信玄に猛烈な抗議をし、信玄はこれを手違いということで詫びを入れて、合意のために家康が送った人質まで返しました。しかし家康はこれを許さず、あろうことか攻めていたはずの今川氏真と和睦します。さらに氏真を通じて、北条氏康と同盟を組みました。これによって信玄は背後に北条という大敵を抱え、今川攻めをいったん断念することになるのです。

翌年、再び今川領に侵攻した信玄は、今度は瞬く間に駿河を攻め落とします。信玄はその後も、同盟を結んでいた織田信長を通じて、家康との関係修復を図ろうとします。しかし家康は頑なな態度に終始し、信長のほうも調停を諦めるという事態に。このときの信玄の怒りは相当だったようで、信長の書状には「徳川家康はとんでもない奴だ」と認めていました。

その後、家康は信玄に対して正式に同盟破棄を通告し敵対関係を鮮明にします。戦国最強と目される武田信玄に、29歳の家康は非常に大胆な行動をとりました。一方の信長は、できるだけ信玄を挑発しないよう心を砕いています。

次ページ北条氏康の死で状況が一変した
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT