歌手aikoが語る「私がほとんどコラボしない理由」 結婚しても孤独を守るaikoの流儀(中編)

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小
デビュー25周年を迎えたaikoさんが今語ることとは?
人生100年時代。キャリアも私生活も、何度でも花を咲かせている人たちがいる。ライター芳麗さんによる新しい時代の人物伝。今回は、今年デビュー25周年を迎えたaiko。第一線のアーティストとして立ち止まることなく、走り続けてきた彼女。
前編では、なぜそこまで一途に音楽に心身を捧げられたのかを、デビューまでの半生から紐解いた。中編では、ここ数年で訪れた人生の大きな転機によって、自身に訪れた心の変容を語ってもらった。
この記事の前編:デビュー25年、歌手aikoが「まだ序盤」と語る真意

取り巻く環境は変わっても

3月末、aikoは新アルバム『今の二人をお互いが見てる』を発表した。デビュー以来、長らくの付き合いだったプロデューサーのもとを離れ、セルフプロデュースとなって2作目となる。プライベートでは結婚するなど、取り巻く環境は変わったが、音楽の作り方は変わらないという。

「楽曲はすべて私自身のこと、ノンフィクションです。だいたいは日常の中で、感じたことや思ったことから生まれます。特に楽曲が浮かぶのは、明け方かなぁ。眠る前、一人で部屋で遊んだり、いろんなことを考えたり、妄想したり(笑)。そんな時間に曲ができます」

一人の時間はaikoにとって必要不可欠なもの。気さくでフレンドリーな人柄だが、人付き合いはまったく活発ではない。

「単純に一人でいるのが好きっていうのもあるんですけど。アーティストは孤独であるべきだとも思っています。私の理想ですね。しょっちゅう飲み会とかでウェイウェイしてたら、良い楽曲が出来ない気がするんです」

次ページ孤独が作りだす聖域
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT