デビュー25年、歌手aikoが「まだ序盤」と語る真意 「まだ到達できないことが多すぎる」(前編)

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小
デビューから25周年、aikoさんが今語ることとは?
人生100年時代。キャリアも私生活も花を咲かせるのは1度だけではもったいない。四季咲きの花のように年齢と経験を重ねるごとに自分だけの花を何度でも咲かせている人々がいる。今回、登場するのは、歌手aiko。デビューから25周年、常に第一線で活躍、数々の花を咲かせ続けてきた。彼女が歩んできた一途な道のり、その最中で巡り合った稀有な風景と人生論とは? ライター芳麗さんが紐解く、新しい時代の人物伝。

デビュー25周年、aikoが今語ること

aikoは、今年デビュー25周年を迎えた。

今なお人々の記憶に残る名曲、『花火』『カブトムシ』で世の多くの人に知られることとなったのが、1999年のこと。あれから、20年以上も音楽界の第一線を走り続けてきた。

今春、発売した新アルバム『今の二人をお互いが見てる』まで、デビュー25年の間にリリースしたアルバムは15枚、シングルは43枚。コンスタントに新曲を紡ぎ続け、毎年、全国を巡るライヴツアーもコロナ禍の一時期を除き、休むことなく続けてきた。

「25年なんて実感はないです。たとえば、陶芸家とか職人さんが同じく25年やっていたら、ものすごいもの作ると思うんです。でも、私は私の思う理想の歌手、素晴らしい音楽にまだ全然近づけていないし、理解すらできていないところもあると思う。そう考えると、まだ序盤くらいの気持ちだし、もっと体が覚えるまでやらないと。そう思っているからこそ、音楽に対する想いは年々募るばかりです」

私が初めてaikoに会ったのは21年前、2002年のことだ。大ヒット曲を次々に連発、各メディアでは特集が組まれ、紅白にも連続出場、大ブレイク街道を突き進んでいた最中のこと。aikoもこちらもまだ20代だったが、その音楽への成熟した姿勢と一途な熱量に引き込まれた。

「音楽があれば生きていける。ライヴが生きる糧なんです」

彼女はあの時、語っていた言葉通りに生きてきた。

次ページaikoがミュージシャンからも敬愛される理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT