「Matt風メイク」の桑田真澄が登場したCMの衝撃 三が日の新CMの放送回数が過去20年で最多

拡大
縮小
(写真:イシダCM「Mattの中にひとりだけKUWATA」篇)

今年の三が日に放送された新CMの放送回数は1万2435回と過去20年で最多となり、“初売”を訴求するCM出稿がコロナ禍前の水準に戻るなど、年始は華やかなCM展開が目立った。以下、2023年最初のCM好感度調査より上位の顔ぶれを紹介する。

桑田真澄、Mattの親子が共演

1月前期の作品別CM好感度調査では、桑田真澄・Matt親子を起用した、計量機器大手のイシダの新CMが初の総合1位に輝いた。CMは工場でベルトコンベアに乗った大勢のMattが同社のX線検査装置を通り抜けていくシーンから始まる。

「Mattの中にひとりだけKUWATA」というナレーションが入ると、“Matt風メイク”を施された桑田が大勢のMattに紛れて登場。桑田はカメラ目線でほほ笑みながら検査装置に入るも異物として検出され、「アウトー!」という男性の声に合わせてラインから吹き飛ばされてしまう。ラストは「アウトかいな」と残念そうにつぶやく桑田に続けて、「はかりしれない技術を、世界へ。」というコピーや企業ロゴを映した。

本作は昨年の12月28日から年始にかけて放送され、通常のCMに加えて10本に1本の割合で見ることができるスペシャルCMもオンエア。桑田がボールを手に登場するもので、「似て非なるものの違いを見分ける」というCMのテーマに合わせた展開として注目を集めた。

50歳以上の女性を中心に幅広い世代から多くの支持を獲得。コミカルなストーリーやインパクトのある映像を評価する声が多かったほか「桑田真澄、Mattの親子共演にビックリ」「本当に仲の良い親子だなぁと思った」など、キャスティングに関する感想も目立った。

なお、イシダの「異物検出技術」をモチーフとしたCMは本作が3作品目となる。第1弾CMは大勢のおすぎの中に紛れていたピーコが検査装置で発見される内容で、ちょうど10年前の2013年1月前期のCM好感度調査で2位にランクイン。2014年12月開始の第2弾CMは長髪にサングラス姿の内田裕也の中から、スーツとネクタイを着用した内田が検出されるというストーリーが話題となるなど、いずれもユーモラスな展開が好評を博した。

次ページ2位につけたのは…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT