「テレ朝"衝動で"辞めた」40歳元アナ、驚きの転職 大木優紀さん「第2の道」で見えてきた世界は?

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 最新
拡大
縮小

局アナとして、数々の人気番組で活躍。アナウンサーとしての18年半で「やり切った」と胸を張る。

アナウンサー時代に「若いころはバラエティ番組やスポーツ番組で活躍し、年齢を重ねたら報道に……と、具体的なキャリアプランを描いていたわけではなかった」と明かす、大木さん。

すべては「タイミングと縁」任された仕事には「その場で全力を出す」という一心で取り組んでいた。

「40歳の決断」を上司も受け入れてくれた

20代は「得意を見つけるフェーズ」で、あらゆる仕事にチャレンジ。

29歳で結婚、30代で2人の子どもを授かった。育休期間も経て、「大木に仕事を任せたい」と言ってもらえるよう18年以上にわたりアナウンサー職を全うした。

しかし、長年にわたり勤めてきた職場だ。活躍の場を与えられていた以上、周囲は転職の決断に驚かなかったのかも気になるが、「私の実力でしょうか。強い慰留はされなかったです(笑)」と微笑む。

アナウンサー時代に20代、30代、40代でステップが「変化する」と感じていたという(写真:松原大輔)

退社の意思を伝えた際、直属の上司からは「大木はもう40歳だ。20代なら説得の方法があったと思うけど、君の性格も知っているし、言ってきたということは、もう決まっているんでしょ?」と返された。

局アナからフリーにと、アナウンサー界では王道とされる選択肢でもない。それでも、スタートアップの名も知らぬ会社への転職「何をするの?」と強い興味を示してくれた社員もいたという。

次ページ「スタートアップ企業への転職には不安も…」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT