「"41歳"現役アイドル」"集客力"なくても活躍の訳 年200本出演!「逆境」をプラスに変える生き方

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小
キャリア15年を数える41歳の現役アイドル・まりえ(41)さん(撮影:カネコ シュウヘイ)
アイドルの多くは10代〜20代でその人生をまっとうする。青春時代にステージで活躍し、卒業後は女優などのセカンドキャリアへ進むのが一般的だ。
しかし、40代になってもなおステージへの執念を見せるアイドルもいる。41歳の現役アイドル、まりえ(41)さんである。
20代後半でアイドルの世界へ。キャリア15年目をひた走る今も、公称で「年間200本以上」のステージや、各地での撮影会へと精力的におもむく。
年齢にとらわれず、華やかなアイドル界で活躍しつづける覚悟とは。来歴と仕事への矜持に迫った。

「メイド喫茶の客の一言」でアイドルの世界へ

活動拠点の名古屋と出身地の大阪、さらに東京、北陸を中心にライブ出演をこなすまりえ(41)さんがステージで歌い始めたのは、26歳だった。

ちなみに、名前に続く数字が示すのは、自身の年齢

6月26日の誕生日前日に前年のまりえを「解散」して、翌日からは数字が更新され、新たな1年が始まるという。たとえば、42歳を迎える2023年6月27日には、「まりえ(42)」になるというわけだ。

大阪に住んでいた当時「写真店や工場、パチンコ店、ケータイキャリアのキャンペーンガール」などを渡り歩いていたが、ふと友人にすすめられた「メイド喫茶」のアルバイトが転機に。

「ご主人さま」と呼ばれる客のひとりから「アイドルは誰でもなれるし、ステージにも立てる」と教わった。

ステージの経験を通して「アイドルの世界を知った」という(写真:まりえ(41)さん提供)

初ステージは2008年3月14日で、今も「日付けははっきり覚えている」という。ただ当初、アイドルに興味はなかった

もともと関心が強かったのは、「アニメやゲームといった2次元の世界」で、リアルな「3次元」の世界は未知。

それでも、まりえ(41)さんの中には「歌いたい」と願う強い気持ち、そして、自身では「うぬぼれ」だったとはにかむ「ほかの人より歌がうまい」という根拠のない自信があった。

かくして立ったステージで歌える環境を、当初は「趣味」として楽しんでいた。

しかし次第に、客席の「ファンの楽しんでいる姿を見る」のが「ストレス発散」へと変化。気がつけば「やりがい」となり、アイドルが「天職」となっていった。

次ページ「お前はユニットではなく、ソロ向きだ」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT