「テレ朝"衝動で"辞めた」40歳元アナ、驚きの転職 大木優紀さん「第2の道」で見えてきた世界は?

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 最新
拡大
縮小
アナウンサーから広報へ転身。テレビ朝日時代には数々の人気番組を担当した(写真:松原大輔)

スタートアップ企業向けの転職・副業サイト「アマテラス」を運営する藤岡清高氏の著書「一度きりの人生、今の会社で一生働いて終わるのかな?」と迷う人のスタートアップ「転職×副業」術』によると、「スタートアップへの転職・副業」を希望する同サイトの登録者は、2019年から2022年で「約3倍」に増加

実際、スタートアップへの転職で「会社に依存せず、早めにスキルアップして、個人として自立したい」と願う人たちも増えているという。

従業員数1200人以上を誇る大企業「テレビ朝日」から、従業員数わずか50人程度のスタートアップ企業「令和トラベル」へ転職した元アナウンサーの大木優紀さんは、まさにそのキャリアを実現したひとりだ。

局アナ時代は、バラエティ番組『くりぃむナントカ』やクラシック音楽番組『題名のない音楽会』、夕方帯の報道番組『スーパーJチャンネル』などで幅広く活躍した。

世間的には高給のイメージもあるテレビ業界から離れて1年以上、現在は、企業広報として笑顔で仕事に邁進している。

大木さんは、なぜ18年以上にわたり勤めたテレビ朝日を辞め、スタートアップへの転職を決意したのか。その背景には、大木さんを初めて突き動かす「強い衝動」があったという。

*この記事の後編:「テレ朝辞めた"元アナ"転職」の切実すぎるリアル

「局アナ18年目」で転職を考えたのは初めて

大木さんは現在、創業わずか2年の企業で、PR業務をはじめ、社内で「D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)」のカルチャー推進のため研修実施などにも尽力している。

『スタートアップ「転職×副業」術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

華やかに見えるアナウンサーの世界から一変、チャレンジングな環境へ飛び込んだ理由は、愛してやまない海外旅行への思い令和トラベル創業の記事をたまたま目にしたことだった。

ただ、すぐには決断しなかった。転職を考えたのは初めて「1週間後に気持ちが変わっていなかったら、転職しよう」と決意。その後、心が揺らぐことはなく、大きな一歩を踏もうと決めた。

テレビ朝日時代、40歳を目前に控えた時期に40代で女性のアナウンサーが『さらに10年間、画面に出続けること』は大きなチャレンジ」と考えた経験もある。

かつては「女子アナ30歳定年説」も叫ばれていた、アナウンサー業界。しかし、時代は変化した。

20代のうちに知名度を上げて、若いうちにテレビ局から羽ばたいてフリーになる。従来のアナウンサー像も変わりつつある中で「ほかにチャレンジすべき道が見つかったのは偶然でした」と振り返る。

次ページ「アナウンサーとしてのキャリアプランはなかった」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT