「ペンギン池落下」日テレ謝罪がスッキリしない訳 危機対応より感情を優先させた謝罪は失敗する

拡大
縮小
スッキリ
3月27日の番組冒頭で謝罪したMC陣。左から岩田絵里奈アナウンサー、加藤浩次さん、森圭介アナウンサー(画像は「スッキリ」公式ホームページより)

3月末に番組改編によって放送が終了する日本テレビ朝の情報番組「スッキリ」で、不祥事が起こりました。

発端は、3月24日、栃木県にある那須どうぶつ王国からのロケ中継でした。お笑い芸人のオードリー・春日俊彰さんがペンギンのいる池での餌やりに挑戦していたところ、番組MCの極楽とんぼ・加藤浩次さんが「足元気をつけろ!」と注意。これがいわゆる“前フリ”のような形となり、春日さんは“うっかり”(という体裁で何度も)池に落ちてしまった、という放送内容でした。

当然のことながら、これはいわゆるお笑いの“お約束”であり、有名なのはダチョウ倶楽部さんの熱湯風呂です。「絶対押すなよ」という故・上島竜兵さんの言葉を合図にその背中を押して、湯船に落とすというものがあります。お笑いの世界で「やるなよ」は「やれ」という意味だと、上島さんは説明していました。

しかし今回はお笑いセットではなく、生きたペンギンもいる池です。スタジオでは笑いが起こっていましたが、あまりにもアニマルウェルフェアに反した内容で、視聴者からは、ペンギンが傷ついたりストレスを感じたりしたらどうするのか、動物公園でお笑いをやること自体が不謹慎という批判が殺到しています。

加藤浩次さんの炎上してしまった「謝罪内容」

番組終了後、那須どうぶつ王国側は公式Twitterで、事前打ち合わせのない状態でタレントがペンギンのいる池に入るシーンが放映されたとして、日テレ側に厳重抗議したことを明らかにしました。これを受けたインターネットニュースの報道で批判は加速し、炎上状態となりました。

事態はどんどん大きくなり、3月27日には日本テレビ・石澤顕社長が定例会見で謝罪し、日本動物園水族館協会が公式ホームページで抗議声明を出すなど、かなりの拡大を見せています。

次ページ加藤浩次さんはどのように謝罪したか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT