ビジネスパーソンの学びに「理由」がいらない訳 なぜ学ぶのか、その答えは後からやってくる

拡大
縮小
悩む男
大人になってからも学ぶ理由とは(イラスト:荒木博行)
昨今の激しい市場環境の変化や、長寿化によって職業人生が長くなることにともない、リスキリングが注目されている。商社の人事部で、個々人のキャリアアップについて考え、ビジネススクールで教鞭を執り、数々のビジネスパーソンの悩みに耳を傾けてきたVoicyの人気パーソナリティでもある著者が、「知」を自分の一部にするための独学について語る。

いきなり手段に走るな。

まずはWhyを問え。

おそらくこのメッセージは、耳にタコができるほど聞いている教訓だと思います。

思いつきのような手段ばかり打っている人がいたとしたら、「いきなり手段から考えるな。何を成し遂げたいのか、何が目的なのか、そこから考えろ」と指導されることでしょう。

『独学の地図』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

しかし、「学び」の領域において、この教訓は必ずしも正しくありません。

Whyの問いを最初に追求してしまうと、必然性のある学びしか目に見えなくなる危険性があるからです。

たとえば、なぜかわからないけど「デザイン領域」に興味を持ったとしましょう。しかし、そこでWhyの問いかけをすれば、学ぶ理由の希薄さを自覚して、行動を抑制してしまう可能性があります。「冷静に考えれば、今の自分にあまりデザインは関係がないな」と。

そんな問いかけを繰り返していると、どうなるか。それは、「短期的かつ実務的に必要のありそうなこと」以外、目に入らなくなる可能性があるのです。

キャリアの賞味期限が短くなっている

もちろん、必要のないことなら学ばなくたっていい、と思う人もいるでしょう。しかし、本質的に何が必要になるかなんて、私たちにはわからないのです。

これだけ変化の激しい世の中、「これから何を学ぶべきか」ということほど難しい問いはないでしょう。

目標としていた仕事や役職があったとして、数年後にそれがそのまま残っている保証はどこにもありません。テクノロジーの進化、加速する組織の流動化などをあわせて考慮すれば、キャリアの賞味期限は驚くほど短くなっていると思っていた方が健全です。

だから、「数年後のこのキャリアを目指して、今からこれを学びます」というロジックは確実に裏切られると思っていた方がいい。

次ページ学びにおいて、意図と結果は常に異なる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT