愛のある「放置プレイ」が部下を育てる!?

「全責任は自分」という考えは捨てよう

また、職場に自分が役立つことを確認もでき、仕事も楽しくなるのです。その結果、報知さんは、若手社員の自由な発言と行動を引き出すことができたのです。たぶん、報知さんはそうしながらも、部下どうしのかかわりをよく観察しておられたはずです。

 一方、宇貝さんは、職場を「私が全責任を負うもの」を考えているようです。この場合、部下にとって「職場は課長のもの」。したがって、職場に対する責任を感じることはありません。責任を感じるのは「自分に与えられた責任部分」だけ。

 その結果、部下は、職場を良くするための工夫や提案を考えることがなくなります。また、職場に役立つ実感も持てなくなりますから、仕事の楽しさも減ってしまいます。部下に職場への責任感を持たせることこそが、管理者の仕事なのです。

管理職は肩の力を抜こう

宇貝:中嶋先輩の説明は分かったのですが、そうしたら、私は何を変えればいいですか?

中嶋:2つのことだね。ひとつは宇貝課長、君が肩の力を抜くこと。完全な管理者ではなく、部下が助けたくなるような管理職になればいいよ。もうひとつはミーティングを大事にすることだね。

宇貝:職場目標と職務配分をミーティングでという中嶋先輩の主張ですね。

中嶋:そうそう。佐藤君あたりに推進役を頼んだらよいと思うよ。

宇貝:ありがとうございます。授業料はお茶代でいいですか(笑)。

 6回の連載はいかがでしたか? さらに詳しくは、拙著『正しい目標管理の進め方』もご参照ください。拙著出版を記念して少人数の無料セミナーも開催中です。詳細は「東京会場」「大阪会場」をクリックください。
                     イラスト:ふるはしひろみ

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング