通信障害に備えiPhoneで「サブ回線」契約する技 保険として契約したい、維持費0円のKDDI回線

✎ 1〜 ✎ 126 ✎ 127 ✎ 128 ✎ 最新
拡大
縮小
iPhone XS以降のiPhoneは、eSIMを使ったデュアルSIMに対応している。バックアップ回線を用意しておくにはぴったりの機能だ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(3枚)

2022年7月に発生したKDDIの大規模通信障害を契機に、バックアップ回線を用意しておくことの重要性が認知され始めている。日本のモバイルネットワークは、諸外国と比べエリアが広く、速度も安定しているものの、システムに万全はないからだ。実際、KDDIの通信障害の翌月には、楽天モバイルも総務省への報告が必要な規模の通信障害を起こしている。ドコモやソフトバンクも、例外ではない。

KDDIとソフトバンクは新サービス開始

総務省では非常時にキャリア間でローミングをするための議論が進んでいるが、ネットワークの改修が必要なことから実現には時間がかかる見通しだ。また、ローミングは、地震や津波など、基地局単体で被害があった際には有効だが、先に発生した通信障害の場合、そもそもローミング自体ができなくなってしまう。これだけで万事解決するというわけではないのが実情だ。

このような中、KDDIとソフトバンクは、双方の回線を提供する形でデュアルSIMのサービスを3月下旬にスタートする。料金等は決まっていないが、毎月数百円程度はかかる見通しだ。スマホのオプションサービスに近い形で、KDDIのユーザーはソフトバンクの、ソフトバンクのユーザーはKDDIの回線を契約しておけるようになる。ただ、必ずしもこのサービスを待つ必要はない。既存の通信サービスの中にも、バックアップに適したものがあるからだ。

次ページバックアップに向いたサービス
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT