1日1分!英語をすらすら読む人が「欠かさぬ習慣」 英字新聞が「最強の英語学習ツール」になる

拡大
縮小
英字新聞で英語を学んでみませんか?(写真は2022年、BTSがホワイトハウスを訪問した際のもの。写真:AP/アフロ)
翻訳会社などを運営する傍ら、メールマガジン「毎日1分!英字新聞」を発行している石田健さん。発行開始は2000年9月という長寿メルマガです。平日毎日発行していて、購読者数は7万人。「まぐまぐ!」によると、英字新聞を題材にしたメールマガジンとしては日本最大といいます。
石田さんによれば、「英字新聞こそ最強の英語学習ツール」。その活用法や勉強のコツを、最新刊『1日1分!英字新聞 2023年版』からご紹介します。

英字新聞がなぜ「最強の英語学習ツール」?

私は「英字新聞は最強の英語学習ツール」と考えてきました。ではいったいなぜ、そう言えるのか。

理由はとてもシンプルです。「飽きずに続けられる」からです。

英語学習の最大のポイントは、継続できるか否か。最初の数日はやる気なのに、いつの間にか続かなくなっている。これでは力がつきません。逆に、毎日少しずつでも勉強できれば、少しずつですが英語力が自分のものになっていきます。その「継続」に、英字新聞は最適なのです。

新聞ですから、政治、経済、芸能、スポーツ、文化といった多彩な記事が毎日登場します。自分が知っているニュースを、英文で毎日日替わりで読むので、飽きる暇がありません。話題になったあのニュースが、英語だとこういう表現になるのか、と楽しんでください。

もちろん、新聞全部を読む必要はありません。日本語の新聞だって、全ページをくまなく読んでいる人なんていませんよね。気になる記事、面白そうな記事だけを読んでいるはずです。英字新聞だったらなおのこと、気になる記事だけを読めばいいのです。時間がなかったら、見出しをチェックするだけでも構いません。

次ページまずは『トップガン マーヴェリック』の話から
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT