ショパンコンクールの優勝者が語るライブの魅力 ブルース・リウ氏「レコーディングは化学実験」

拡大
縮小

ブルース・リウ/Bruce (Xiaoyu) Liu
1997年5月8日に仏パリで生まれ、カナダのモントリオール音楽院でリチャード・レイモンドに師事、現在はダン・タイ・ソンに師事している。2021年にポーランド、ワルシャワで開催された第18回ショパン国際ピアノ・コンクールで優勝。仙台、モントリオール、テルアヴィヴ、ヴィセウなどの国際ピアノ・コンクールでも入賞している。2023年2月18日から3月2日の間に、日本各地で8公演を予定している(詳細はこちら)(撮影:梅谷秀司)

——2022年12月に日本で行ったリサイタルでは、アンコールを5回弾き、そのうち1曲はプログラムのメインの1つになってもおかしくない難曲の「ラ・カンパネラ」でした。これは、どんな狙いがありましたか?

リサイタルをディナーコースだとすると、アンコールはデザートみたいなところがある。僕はいつも、アンコールをリサイタルの第3部と位置づけています。

プログラムの最後に弾いた、リスト「ドン・ジョヴァンニの回想」はヘビーなステーキを食べるような曲目なので、その後には口直しという感じで、少し違うものを並べた。アンコールで5曲弾いたのは聴衆のリアクションがとてもよかったからです。あそこまでたくさん弾いたのはたぶん初めてです。

2022年12月5日のリサイタルでは5曲のアンコール演奏が行われた。
①ラモー: 優しい嘆き
②ラモー:未開人
③ショパン:ノクターン第20番 嬰ハ短調 遺作
④ショパン:3つのエコセーズ op.72-3
⑤リスト:パガニーニ大練習曲集 第3曲「ラ・カンパネラ」嬰ト短調

リストはピアニスト泣かせの作曲家

——プログラム前半ではショパンの「ラ・チ・ダレム変奏曲(モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」の『お手をどうぞ』による変奏曲)」、後半ではリストの「ドン・ジョヴァンニの回想」という、同じオペラを基にした曲を演奏しました。

ショパンの曲は「ラ・チ・ダレム」という部分のピアノ向けのバリエーション(変奏曲)ですが、リスト「ドン・ジョヴァンニの回想」はオペラのスコアに忠実な構成なので、ピアノ1台で表現するのはすごく大変です。何より、難解な楽譜を書くリストはピアニスト泣かせの作曲家です。

間違わずに弾こうと思うと、全然いい演奏にならない。リストの曲は間違って当然というくらい難しいけれど、演奏者がエネルギーを失わず曲の面白さをなくさずに弾くためには、流れに乗っていかなければいけない。そうすると、絶対に細かな失敗は出てくるので、ピアニストにとって、満足することがほぼ不可能な作品でもあります。

ただ、オペラと同じようにオーバーチュア(序曲)があって、中盤に男女の掛け合いがあって、最後は非常に華やかに終わるという構成は、作品としてとても面白い。

——私はリサイタルでの実演とショパンコンクールの配信動画とでブルースさんの演奏の印象がかなり変わりました。

僕の演奏のどういうところが、実演と動画で違いますか?

次ページやっぱりライブしかない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT