育休世代のカリスマが、会社を"降りた"ワケ

あの話題の筆者が陥ったジレンマ

 昨年、『「育休世代」のジレンマ』(光文社新書)を発表し、ワーキングマザー界に鮮烈にデビューした中野円佳氏。その中野氏による新連載を始めます。
 第1回目は、会社員ママのパイオニアを目指して両立に奮闘してきた筆者が、この3月に決断した重要な”方向転換”とその背景について。日々、頑張っているのにモヤモヤするママたち、ママ社員の心境がわからない管理職の方々、必見です。

 

はじめまして。中野円佳と申します。『「育休世代」のジレンマ』という本を昨年9月に出版し、今回、このような連載を持たせていただくことになりました。この連載では、私自身の経験や育休世代前後の声を基に、日本の企業社会の課題や原因を探っていきたいと思います。

『「育休世代」のジレンマ』という本は私が育児休職中の2012~2013年に書いた修士論文を基にしたものです。

はじめまして、中野円佳です。連載初回から、いきなり懺悔ですみません……

この本は、15人の総合職女性へのインタビューから構成したものです。分析を通じて浮かび上がってくるのが、「男女平等に競争し、勝ち上がっていく意欲があった女性ほど、子どもができるとかえって辞めている。辞めずに続けやすいのは、ある程度仕事への意欲を引き下げて、ゆっくり働ける人」という事実です。

先輩女性たちの苦労と努力により、今、30代前後の高学歴女性は子どもを産むまでは、男女平等をある程度、当たり前に享受することができます。そうして、男性並みに働いて成果を出すのが当然と信じるようになった「マッチョ志向」の女性たちは、出産すると、次のようなジレンマに陥ります。

①働きやすさよりもやりがいを重視してハードな職場を選び、②自分と同じくらいハードワークな夫と出会って結婚するために、育児と仕事の両立が回らなくなってしまう――。

彼女たちは、世帯収入などの面ではある意味で恵まれた層でもあります。そのため、出産後に長時間働けなくなったなどの理由で、やりがいのない業務に異動させられてしまうと、「子どもを預けてまで」必死で働く意味がわからなくなります。そうなると、いっそ“競争”自体から降りてしまおうと、その会社を退出するか、管理職にはならなくていいというふうにモチベーションをうまく下げて残る人に分かれていきやすいのです。

次ページパイオニアになれませんでした…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。