肩書きを重視するチームが「成果」を出せない理由 役職上がるとイスの形が変化、謎ルールの無意味

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
フラットなチームのつくり方とは?(写真:ふじよ/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
社会の変化を受けて、フラットな組織づくりに関連する書籍が多数刊行され、ヒットしています。しかし、どれも理論的・抽象的な部分が多く、現場のリーダーたちは理想と現実の狭間で悩んでいることも多いのではないでしょうか。このような過渡期には、より実践的・具体的な方法が必要です。
次世代リーダーの育成に従事し、さまざまな形でチームを作ってきた伊藤羊一さんの「個々の強みを活かしきるチーム」のつくり方を紹介した『「僕たちのチーム」のつくりかた メンバーの強みを活かしきるリーダーシップ』を一部抜粋しお届けします。

ヒエラルキー型組織では、新しいものは生まれない

リーダーの仕事は「チームをゴールに導くこと」。そのために必要なのは、「メンバー一人ひとりにはたらきかけて、一人ひとりの強みを活かしきる」ことだ。

チームはメンバー一人ひとりが主人公である。これを強く意識しておきたい。メンバーが一人ひとり主体性を持ってアクションできているチームは強い。

一方で、やらされ仕事でメンバーがロボットのように働かされているチームだと、パフォーマンスが出ない。一人ひとりが主人公となり、イキイキと働いているチームをつくるのは、リーダーの仕事だ。

そのために、肩書きや年次に関係なく言いたいことが言い合える「フラットな場」をつくりたい。

(画像:『「僕たちのチーム」のつくりかた メンバーの強みを活かしきるリーダーシップ』)

想像してみてほしい。チームのオフィスが上の図のような形で、座席だけでヒエラルキー(階層)を感じさせる机の配置になっていたらどうだろうか。

次ページ椅子の形でポジションを表現する会社もある
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT