買い占め一段落、首都圏コンビニの品切れ状態が沈静化へ【震災関連情報】

買い占め一段落、首都圏コンビニの品切れ状態が沈静化へ【震災関連情報】

東日本大震災を受けた首都圏コンビニでの品切れ状態が、一部で沈静化してきたようだ。写真は東京都心部のある大手コンビニチェーンの弁当コーナー(17日午後1時過ぎ)。16日までは昼休み以降には品切れ状態が目立っていたが、現在は潤沢とはいえないまでも、商品が散見できるようになってきた。近隣の別なチェーンを含め、都心部のほとんどのコンビニで日配品の供給に少しづつ余裕が出始めてきたという。

震災が発生した11日夕方、都心部では帰宅困難者が近隣のコンビニやスーパーに殺到し、水と食料が即座に売り切れた。翌12日以降、各チェーンは物資の供給を急いだが、商品調達や店舗への物流の混乱に消費者の買い占め心理も重なり、主要店では2リットルPETボトルの水、おにぎりやパン、カップヌードルなどが品切れ・品薄となる状態が続いていた。

だが17日に入り、消費者の買い占め心理は一段落し始めたようだ。昼休み以降も冷やし麺やスイーツなどの商品を中心に棚に残るようになってきた。カップヌードルなども、買い置き用に買い占められ姿を消していたが、やはり午後1時すぎのあるチェーンでは、むしろ棚に満載だった。

「軽油不足でトラックの手配が困難なため、決して物資の供給は潤沢ではない。だが、関東に振り向けるべき食材を東北へ送り、関東以西の工場や設備をフル稼働させて関東近隣への供給も続けている」(大手流通関係者)。政府が買い占めを慎むよう呼びかけた効果もあったのかもしれないが、首都圏が食糧不足に陥る可能性はなさそうだ。 

関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。