犯罪に走る人には、"悪の遺伝子"がある?

犯罪者と非犯罪者を分ける決定的要素

「犯罪者」と「非犯罪者」に決定的な境界線はあるのだろうか(写真:MM4 / Imasia)

日本のようにかなり平和な国であっても人は人を殺す。メディアは殺した人間をどのような人間であったのか、どのような趣味を持っていたのか、いかにも人を殺しそうな人間であったのか、はたまた普段は人当たりのよい人間だったのかと、盛んにそのパーソナリティに迫ってみせる。

そんな時、「どこにでもいる、あなたの隣にもいそうな人間が超凶悪な殺人犯でした! あなたも危ないかもしれません!」とただ危険をあおるだけだと問題でも生じるのだろうか、そこに何らかの特徴をつけて報道することが多い(たとえばアニメが好きだとか)。各自、そうした特徴に気をつけましょう、というわけだ。

悪の遺伝子は存在するのか

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

しかし、そうした単なる印象論を超えて「犯罪者」と「非犯罪者」を分ける要素は存在するものだろうか。

家庭環境の違い、脳の違い、遺伝子の違い、同じ状況においても、ある人は暴力的な振る舞いに出て、ある人は出ないという、その決定的な境界線を超えさせる要素が? 

本書『暴力の解剖学:神経犯罪学への招待』(紀伊國屋書店)はそれを解き明かすための一冊である。

悪の遺伝子は存在するのか? 脳の損傷は暴力性においてどのように影響しているのか? 社会的要因はどれだけ暴力を誘引させているのか? そして暴力性がある程度理解し、予防から「今後起こる犯罪の予測」まで可能になった未来には、いったいなにが起こりえるのかといった将来的な視点まで含めて総括的に解剖していく。

もちろんそれを追求するのは、なかなか難しい試みだ。「○○がある奴は全員犯罪者になる!」などということは言えるはずがないし、それは容易に差別へと転換しえる。

次ページドーパミンを押さえる物質が少ないと犯罪者になる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。