名医が直伝!つらい花粉症の軽減法とは

飛散はピーク、なんとかしたいあなたへ

花粉の飛散がピークへ。花粉症を軽減する方法があるのだから、あきらめてはいけない(kuro / Imasia)

スギ花粉の飛散がピークになると、マスクやメガネなどで予防に努めていても、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどが容赦なく襲ってくる。朝起きて食後に薬を飲むと、症状は軽減されるものの、夕方近くなると症状悪化。花粉症を抑制するといわれるヨーグルトなどを食べても、飛散ピークの症状は治まらない。一体どうすれば良いのか。

朝飲む薬と、夜寝る前に飲む薬を変える

長年、花粉症の治療を行う「赤坂山王クリニック」(東京都千代田区)の梅田悦生院長がアドバイスをする。

「ヨーグルトなどの食材は、花粉症が始まる前、すなわち年明けすぐ頃に活用するなど、ある程度の時間を要するため、飛散ピークの症状が重い頃に始めても効果は得られにくいと思います。もちろん、食材は薬ではないので、誰もが効果を得られるものともいえません」

「また、昨年、花粉症を根治させる治療として、抗原を少しずつ体内に入れる『舌下減感作療法』が保険適用になりましたが、この治療法は花粉シーズン以外のときに行われるのが一般的です。ツライ症状を軽減する方法としては、薬の活用法を変えるのが一考でしょう。その方法として、私は患者さんに『朝飲む薬と、夜寝る前に飲む薬を変える』ことを、お勧めしています」

花粉症の飲み薬としては、抗ヒスタミン薬が代表格。アレルギー反応で体内に放出されるヒスタミンをブロックするなどの作用があり、たくさんの薬が医療用だけでなく一般用医薬品としても発売されている。

次ページ抗ヒスタミン剤は、飲むと眠くなってしまう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT