ジャパネットの秘密、「お絵描き話法」とは?

聞き手の共感を呼ぶために必要なこと

コミュニケーションは、受け手に「価値あるもの」と認めてもらうことで、初めて受け入れてもらえる。自分の言葉を「相手にとって価値あるもの」するために、受け手の心のキャンバスにわかりやすい絵を描いてあげる「お絵描き話法」は絶大な効果を発揮する。ぜひ、お試しあれ!

さて、今回の「黄金則」は高田さんの名言集から見えてくる3つのコミュニケーションノウハウを筆者の独断でまとめてみた。

ジャパネットの黄金則

① 一番大事なのは「感動を伝えること」

自分自身が心から感動したことを、情熱をもって伝え、思いを共有することで、コミュニケーションの質はぐっと深まる。

② お客様にわかりやすくメッセージを伝えるには、言葉以外のさまざまなノウハウも重要

高田さんは、商品の展示のしかたや、説明する人の目の位置にカメラのレンズがあるか、といったことも意識したという。「見せ方」もコミュニケーションの重要な要素なのだ。

③ 大事なことは何度でも伝える

本当に伝えたいことは何回か繰り返す。ただし、なるべく短い言葉で、しつこいと思われない程度に。

※本連載は隔週火曜日に掲載します。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT