失業した場合、どのような心構えをするべきか

周りと比べて自分を追い込んではいけない

できる範囲で、小さくてもいいから一歩前進しましょう。最初からフルスロットルで復帰ということは、考える必要はまったくありません。「仕事をするための人生ではなく、人生を生きるための仕事」ですので、とりわけ裸の大将さんの場合は優先順位を明確にすべきです。

そして少しずつ前進をしていく中で、できることを徐々に増やしていきましょう。そうすれば小さいかもしれませんが、確実に前進をしていることになりますし、また何よりも、失ってしまった自信の回復にも寄与するのだと思います。

情報収集と考え方の整理を

そのうえで、仕事よりも重要だと思いますが、小さなことでも前向きにとらえるクセ、そして誰かと会話をするという姿勢を、ぜひ身に付けましょう。

まず、前向きにとらえるクセですが、先ほど申し上げた「6年間やってきた実績」や「自分の体を考え退職を決断できる決断力」など、必ずしも誰もが持っているわけではないものを持っていると思いますし、少なくともそういった方向に考えるだけで見えてくるものもあるのだと思います。

サポセンに行ったとありますが、これは外に出て積極的に前に進もうとする姿勢の現れといえます。結果が出なかったとしても気にしないでください。自分に合わないとわかっただけでも、一歩前進していることになりますよ。

また、できるかぎり人と話をして、仕事のことだけでなく情報収集と考え方の整理をすることも心掛けましょう。人と会話をすることによって、自分の考えを整理できることがけっこうあります。相談する人が誰もいない、とのことですが、それこそ親や友人にはじまり転職エージェントからサポセンまで、活用できるものはなんでも活用する、というスタンスでかまいません。

ただし、その際は過度な期待、たとえば相手がマジカルにすべての悩みを解決する解決策を与えてくれる、といったことは期待せず、あくまでもご自分自身の考えを整理するためのディスカッションパートナー的に考えると、気持ちも楽になるのだと思います。

いろいろと書いてきましたが、要は「自分自身のよさを見失わない」ということに尽きると思います。人間、誰しも完璧ではありません。それぞれが長所と短所を抱えながら生きているのだと思います。幸せに生きるためには、自分の短所の克服ばかり突き詰めてはいけません。周りの目が気になると書かれていますが、あまり気にしないでください。裸の大将さんが勇気をもって一歩を踏み出せば、周りから助けてもらえることも増えます。頑張っていれば、助けてくれる人も現れます。まずは外に出てみることが、新たな可能性の扉を開く第一歩となるのではないでしょうか。

小さくてもいいからまずは次のステージに向かって、最初の一歩を踏み出しましょう。前を向いて前進しているかぎりは、周りに取り残されることなんてそうはありませんよ。応援しております。

※安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT