ペッパーの価格に透ける、ソフトバンクの本気 目指すは自動車型ビジネスモデルの構築?

拡大
縮小
この記事は夜間飛行の小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年2月27日 Vol.024 <手探りの道筋号>の冒頭です。

ソフトバンクがロボット「Pepper(ペッパー)」の開発者向け販売を、2月27日より開始した。気になる価格だが、本体のみの購入であれば19万8000円。加えて任意加入の「Pepper 基本プラン」(1万4800円×月×36カ月)、「Pepper 保険パック」(9800円×月×36カ月)があるようだ……。

画像を拡大
ペッパーの料金プラン。ソフトバンクの製品紹介ページより抜粋

これをみて、みなさんは高いと思うだろうか? それとも安いと思うだろうか? なにより特徴は、ハードを20万円弱で販売する一方、コミュニケーションやアプリ追加などのサービスレイヤーを「Pepper 基本プラン」として、修理や保証などを「Pepper 保険パック」として、別途月額課金するビジネスモデルとなっていることだ。これらに加入すれば、トータルでは36カ月で、税込み117万0288円もの支払いとなる。「見かけだけ安くして、月額料金で儲けるモデル」という声も聞こえる。

動き続けるロボットに欠かせない故障対策

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

だが筆者は、月額料金の多寡は別として、本格的な家庭用ロボットをビジネス化するなら、このモデルしかあり得ないと思っている。だから「ソフトバンクは本気だな」と感じるのだ。

理由は、ロボットの特性にある。ロボットは「動く」。人に相対するコンピュータ、という意味ではスマートフォンやPCと同じだが、自分の目の前にやってきて、身振り手振りを交えてコミュニケーションを取るところが違う。すなわち、常に動き続ける機器なのだ。

しかも、「手を動かす」「移動する」といった活動は、可動部に頻繁な「ストップ&ゴー」を強いる。単純にモーターが周り続けるような機器より、ずっと負担は大きい。そのため、ロボットにおいては「故障対策」「メンテナンス性」がとても大きなテーマになる。

次ページまずはあの「ペットロボット」に学ぼう
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT