日本の先を行く、タイの「女子力男子」

なぜ、これほど男性美容が盛り上がるのか?

そしてもうひとつの理由はタイ人は色白=お金持ちというイメージを持っている人が多いということです。 

今回、タイの女子力男子についてのレポートを担当した塩田修大(慶應義塾大学3年)

タイ人に比べ色白である華僑の人々が、タイをはじめ東南アジア各国で事業を起こし、財をなしたことが多いこと。また、お金持ちは屋内で仕事をするために、日に焼けにくいという考えが浸透しているそうです。だから、若い男性の間では肌に気を遣うことで、自分はおカネがあるとアピールできる→女性にモテる――と考える図式ができているのかもしれません。

日本人においては、男性が美容に気を遣っても、必ずしもモテるとはならなそうですが、SNS好きという点は日本人とも共通します。今後、SNSがますます広がる中で、日本でも「美容系男子」は増えていくのではないでしょうか。

原田の総評:アジアの「女子力男子」市場は大きい

タイの女子力男子のレポートはいかがでしたでしょうか。

私の実感では、「女子力男子」の多い都市は、第1陣が東京、それに次ぐ第2陣がシンガポール、台北、香港、第3陣が上海、ソウル、クアラルンプール、第4陣がバンコク、第5陣がジャカルタ、マニラなどです。

第5陣はまだ従来のマッチョ志向の男子が主流の段階で、か弱い女子が人気の印象がありますが、確実に「女子力男子」は増えつつあります。

今、アジアで最も「女子力男子」が多い日本で、アジア各国に向けた商品開発を進めれば、やがて成長し始める「アジアの女子力男子」という巨大市場を狙えるはずです。

※取材協力:TNC……70カ国100地域で500人以上の現地在住の日本人ネットワークを運営する海外マーケティング会社。ライフスタイル・リサーチャーを主軸とした海外リサーチ、PR、商品開発業務のプロデューサーとして、多数の日本企業や自治体の海外戦略を担う。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT