日本の先を行く、タイの「女子力男子」

なぜ、これほど男性美容が盛り上がるのか?

彼の冷蔵庫をのぞいてみると、肌に効果があると言われているCranberry Extractという薬や、ソイミルクなどが入っていました。

タイでは減糖されたお菓子が人気になるなど、健康志向の男女が増えています。安価で購入できるソイミルクは彼らのニーズを満たしているようで、スーパーなどには多くの種類の商品が売られています。

筋肉強化につながりそうな食品も積極的に摂取

また、彼は健康な体をキープするために、毎週末はフィットネスジムに行き、筋肉強化に効果的な食品を摂取して、効率的に鍛えているようです。

タイでは運動できるスペースが少ないことなどから、会員制のジムに通う人も多く、ショッピングモールの上層階などには、仕事帰りのタイ人サラリーマンたちが押しかける場面も、しばしば見られます。

また彼によると、最近、タイ人の男性の間でも肌荒れを気にして、ビタミン剤を飲んだり、少し高額なスキンケア商品を求める人が多くなってきているとのことでした。

ここまで読んで、彼に限った話と思う方もいるかもしれませんが、彼のようなタイプは珍しくはありません。以前、タイでインタビューした男子学生も、ヒアルロン酸を含む商品や洗顔料を多数持っていましたし、美白クリームをつねに持ち歩いている知人もいます。

またデータにもこの傾向は現れています。JETROの資料によると、タイの男性用化粧品市場は2007年から2012年にかけて、約27億5000万バーツから48億円バーツに急拡大しています。こうしたことからも、タイ人男性がいかに美容に熱心になっているかがうかがええます。

タイの小売店には、男性用化粧品がぎっしり

次にタイの小売店をのぞいてみました。これらの写真は、タイ各地で展開しているテスコロータスという大型スーパーで撮影したものですが、メンズコスメのみを取り扱うコーナーがあります。

Big C、Max Valuなどの大型小売店やBootsやワトソンといったドラッグストア、コンビニエンスストアのセブン-イレブンでも同様に、男性用化粧品コーナーが置かれています。

デオドラント、スキンケアに関する商品が多く販売されており、欧米や日本企業の会社の商品が目立ちます。化粧品大手ロレアルのブランド、ガルニエはワサビを使った洗顔フォームを発売しており、NIVEAは3種類もの男性用鼻パックを発売していたり、企業側が話題性を狙ったり、ニーズに合わせた商品を展開したりしています。

次ページ男性にも広がる「整形」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT