老親が「実家を片付けられない」のにはワケがある 松本明子さんがプロに聞く「生前整理」のコツ

印刷
A
A
写真左よりタレントの松本明子さん、遺品整理の専門家であるワンズライフの上野貴子さん
両親の死後、空き家になった実家を25年にわたって維持し、1800万円超の大赤字を出してしまったタレントの松本明子さん。
そんな松本さんが何に失敗したかを赤裸々に綴り、そのうえでこれから実家じまいに臨む読者はどうしたらいいのかを専門家に聞いた著書『実家じまい終わらせました!~大赤字を出した私が専門家とたどり着いた家とお墓のしまい方~』より、遺品整理の専門家である株式会社ワンズライフの上野貴子さんと松本さんの対談から一部を抜粋し、お届けします。

親世代の価値観を、無視してはいけない

松本:親が元気なうちに片づけをやろうとすると、親が嫌がりケンカになるという話をよく聞きます。生前整理をスムーズに行うにはどうすればいいですか。

上野:生前整理は、親の意向を無視して進めようとすれば必ず衝突します。そこで大事になるのは、自分たちとは違う親世代の価値観を受け入れることです。

松本:私たちの親の世代は物を捨てませんよね。母も、デパートの袋とか包装紙とか、そんなもの取っておいてどうするの、というものまでよく残してました。

上野:価値観が違うんです。だから子どもの世代は、「こんなもの、なんで残しているのよ」とつい言ってしまいがちです。

でも親世代には、その一言で心のシャッターを閉じてしまう人もいます。子どもからすれば不要に見えても、親にとっては何かしら理由があって、人生のどこかでそれを取っておくという選択をしたわけです。

それを「さっさと捨てちゃいなさいよ」と言うのは、親にしてみれば、失礼極まりないし、何も知らないくせに何を言ってるの、という話なわけです。

松本:親からしたら価値観の否定、もっと言えば、人生そのものを否定される感じなのかもしれませんね。

次ページ親世代の物を捨てない生き方を受け入れる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT