17歳高校生DJが語る「ブックオフ」再評価の必然 110円棚は今や少ない「アルゴリズムの外側」だ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

テレマビ:いろいろありますね。というのも、110円棚コーナーにあるような漫画って図書館には置かれないじゃないですか。それはブックオフならではだなあって感じがしますよね。

谷頭:110円棚の漫画って、いったいどこで売ってたんだよ、みたいな本がいっぱいあるというか。

テレマビ:そうそう、資本主義の残骸みたいな(笑)。そういうのがたくさんあるので、自然とテンションがアガるんですよ。

谷頭:それこそ『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』の富士見ミステリー文庫版とか、今はあまり見られないですもんね。

テレマビ:そうですよね。やっぱり、そういうところで「適当に買ってみる」ことができるのがブックオフの良さかなと個人的には思いますね。

谷頭:学校の図書館には置いてない本もあるし、市の図書館は「市民のためのチョイス」になるから、どうしても置かれにくい本も出てくるものですからね。

ブックオフは「アルゴリズムの外側」だ

テレマビ:あとは今の時代って、ネットでは常にアルゴリズムが働いて、おすすめの商品がおすすめされてしまうじゃないですか。Amazonでなにかを買う時も、YouTubeで音楽を聞く時も、常にそうです。

でも、ブックオフってそういう感じがなくて、ある種の乱雑さがある。そういうのが面白いし、予想してなかった出会いがあると、僕は思うんですよ。

ブックオフ京阪京橋店
町中華にあるタイプの漫画が並べられる棚。「アルゴリズムの外側」ゆえの乱雑さが、新たな出会いを生む。ブックオフ京阪京橋店にて(写真:著者提供)

谷頭:アルゴリズムの外側にブックオフはあると。個人的にはすごく納得する話です。というのも、ブックオフって、今までの書店の空間とは大きくその空間が異なるんですよ。

テレマビ:どういうことですか?

画像をクリックすると本連載の過去記事にジャンプします

谷頭:例えば普通の書店では、書店員と呼ばれる人が書棚の編集をして、ある程度本屋の方向性を決めるわけです。独立系の書店になればその傾向はより強くなるし、ブックオフではない古本屋もそういうことが多くて。

例えば、神保町の古本屋はそれぞれの店舗ごとに強い分野がある。あの本屋だったら理科系の本があって、あの本屋だったら哲学系に強い、みたいな感じですね。

テレマビ:わかります。

谷頭:でも、それがブックオフだと、売られたものがそのまま商品構成に反映されるから、ある意味では無秩序なんですよね。だから、新宿のブックオフには『FACTFULNESS』が2段分ぐらい並んでいたりする。そういう、アルゴリズムを超えた書棚があるわけです。

テレマビ:(苦笑)。

谷頭:でも、そういう無秩序で、なんでもありなブックオフだからこそ、いろんな出会いがあって、テレマビさんのような若い世代にも影響を与えているのかもしれませんね。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT