外国人が欲しがる「日本の高級ブランド」5特徴

「ジャパンラグジュアリー」にも勝機はある

低迷を続けるアパレル業界だが、グローバルで評価されるためにブランド側が注視すべき「成功の5つのポイント」があるという(写真:Kzenon/PIXTA)
昨今、アパレル業界を取り巻く論調は厳しく、「若者のファッション離れ」や「服が売れない」といった悲観的な言葉がメディアを賑わしている。
しかし、2018年10月、繊研新聞社の発表によると、2017年国内衣料品の市場規模は9兆7500億円となり、前年比1.1%ながら微増となった。服は売れているところでは売れているのだ。ではいったい、アパレル業界では、何が起こっているのだろうか。
2030年アパレルの未来 日本企業が半分になる日』を上梓した福田稔氏が、日本アパレル企業が生残るためのカギを解説する。

グローバルでアパレルは成長産業である

先日LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループCEOのベルナール・アルノー氏が、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏を抜いて、世界第2位の富豪となり話題となった。

LVMHグループとは、ルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオール、タグ・ホイヤーなど名だたるブランドを傘下に置く国際企業である。

2019年7月に入り、そのLVMHの株価は過去最高値を更新。アルノー氏の資産は1076億ドル(約11兆6400億円)にまで膨らんでいる。

『2030年アパレルの未来 日本企業が半分になる日』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

実際、LVMHグループの業績は好調だ。2018年12月期の売上高は約5兆8500億円で前年比9.8%増、営業利益は約1兆2300億円で前年比21%増、純利益は約8700億円で前年比19.7%増と、大幅な増収増益を達成している。

特筆すべきは約21%という営業利益率だ。10%を超える企業すら少ない日本のアパレル業界と比較すると、2倍以上の収益性である。同業他社のエルメスに至っては、営業利益率は30%を超えており日本企業との収益性の差は顕著だ。

このようにラグジュアリービジネスは総じて収益性が高く魅力的である。ところが、これまで日本発でラグジュアリーブランドとして成功した例は残念ながら少ない。とくに、ルイ・ヴィトンやエルメスが属するような「プレミアムラグジュアリー市場」では皆無だ。

一方で、いわゆるデザイナーズブランドと呼ばれる「アクセシブルラグジュアリー市場」であれば、日本発のブランドであっても可能性がある。なぜなら、この市場は、デザイナーのクリエイティビティーやオリジナリティーで勝負しやすく、歴史のない新興ブランドでも十分勝機があるからだ。

次ページ日本企業が成功するための「カギ」とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。