服を買わずに「借りる人」が急増している事情

月額定額制「エアクロ」「メチャカリ」って何?

東京・渋谷区にあるエアークローゼットとエイブルが共同運営するファンションレンタルショップ。プロのスタイリストによるコーディネートを直接体験できる(写真:エアークローゼット)

月額定額制のサブスクリプションサービス(サブスク)が、服のレンタルの分野でもじわり広がりを見せている。

昨年秋から12月まで続いた季節外れの暖かさを受け、百貨店をはじめとした服売り場でコートなどの防寒衣料の売り上げが落ち、大手アパレル各社は業績の下方修正を強いられた。一方で、服のサブスクを手掛ける企業は、足元も安定して拡大している。

プロのスタイリストが選ぶ

服のサブスクを展開する代表企業の1つが、2014年に創業したエアークローゼット(通称・エアクロ)だ。エアクロは2018年9月に登録会員が20万人を突破(有料会員数は非公表)。その後も会員は増え続け、直近は22万人に達したようだ。現在、投資フェーズのため赤字が続くが、会員数が順調に増えていることもあり、「黒字化のメドは立っている」(エアクロの天沼聰社長)という。

エアクロは、利用者が登録した体型や好みに応じて、プロのスタイリストが選んだコーディネートの服3点を届けるサービスを展開している。月会費は月1回の利用で6800円、借り放題で9800円。オフィスカジュアル系の服が多く、約300ブランド・10万点以上を取りそろえる。レンタル期間に制限はなく、3点を返却すると新しい服が借りられる。

天沼社長はコンサルタント会社や楽天での勤務を経て、エアクロを創業した。「人々のライフスタイルをより豊かに、わくわくできるサービスを作りたい」との考えと、得意分野のITを掛け合わせたサービスとして行き着いたのが、服のサブスクだった。「忙しい女性が服選びに費やす時間が減る中で、サブスクならより効率的に、新しいファッションとの出会いを楽しむ機会を増やせる」(天沼社長)。

次ページエアクロの主要顧客は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。