服を買わずに「借りる人」が急増している事情

月額定額制「エアクロ」「メチャカリ」って何?

エアークローゼットは30代半ばの働く女性や子育て中の女性からの支持が高い(写真:エアークローゼット)

実際、エアクロの主な顧客は20~40代だが、30代半ばの働く女性や子育て中の女性からの顧客層が最も厚い。店頭に買いに行かずに旬のコーディネートを着こなせて、クリーニングに出す手間も省ける手軽さが受け入れられたようだ。

レンタルする商品の多くは、ブランドからエアクロが買い取っている。ただ、「顧客層ごとの毎月の需要がある程度見通しが付き、事前にシステム分析ができるので、どういうカテゴリーの商品を何着そろえたらいいかを判断できる」と、天沼社長は話す。レンタル需要のない商品を大量に抱え込むようなリスクは少ない、というわけだ。

メチャカリは黒字化の見通し

創業時、国内では服のサブスクがほとんど存在しなかった。それでも事業を拡大する過程で、寺田倉庫やクリーニング「ホワイト急便」の運営会社の出資を受け、物流や商品メンテナンスの面でサービスを支える基盤を整えた。昨年には大和ハウス工業と資本・業務提携を結び、同社の千葉・市川市にある物流倉庫に拠点を移転。最先端の物流オペレーション構築などで協業を進めている。

服のサブスクを展開するのは、エアクロだけではない。「アース ミュージック&エコロジー」など若い女性向けのブランドを多数持つストライプインターナショナルが2015年に始めた「メチャカリ」も快走を続ける。

メチャカリは現在、有料会員数が1.2万人に拡大。こちらも会員を伸ばしており、広告宣伝費を除けば「2019年は年間を通じて黒字化する見通し」と、ストライプの石川康晴社長は語る。

次ページメチャカリの強みは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。