バスト計測わずか5秒!ワコール原宿店の衝撃

次世代型店舗で、下着の選び方は変わるのか

東急プラザ表参道原宿にオープンしたワコールの次世代型ショップ「ワコール3D smart&try」(撮影:尾形文繁)

東京・表参道と明治通りの交差点に立つ東急プラザ表参道原宿の4階。ブラジャーやランジェリーが壁面に陳列された店舗の奥に3つの小さな個室が並ぶ。その室内に設置されているのが、カメラを内蔵した採寸用の3Dボディースキャナー。店内中央にある大きなソファの周りには、客が自由に利用できるiPadが8台用意されている。

5月30日、下着メーカー国内最大手のワコールはインナーウェアショップ「ワコール3D smart&try」をオープンした。そこには従来の下着店で目にしたことのない光景が広がっていた。

詳細な採寸結果がすぐ手元に

ワコール 3D smart&tryは、ワコールが開発した最先端のサービスを体験できる“次世代型ショップ”の第1号店。目玉は、3Dスキャナーによるセルフ採寸とAI(人工知能)を活用したタブレット接客だ。

利用客は個室内で下着のみを着用した状態となり、スキャナーの内側に立つと、5秒で全身の採寸が完了する。事前に設定した生年月日と暗証番号を入力すれば、データの詳細を店内のタブレット上でも確認することができる。確認できるのは自分自身の体が3D化された画像のほか、バスト、ウエスト、ヒップなど18カ所の採寸結果だ。

そのうちバストに関しては、体積を含めたより細かな計測データとともに、ブラジャーの最適なサイズを表示。採寸結果はその場で印刷して持ち帰ることができる。

タブレット上ではワコールが展開するさまざまな商品の中から、好みのデザインやシルエットに応じておすすめの商品を提示。気になった商品は試着・購入も可能だ。店頭に在庫がなければ、送料無料で自宅配送を受け付ける。ここまでの一連のステップは客がセルフで行えるが、専門知識を備えた販売員が常駐し、相談や個室でのカウンセリングにも応じている。

次ページ高かった売り場の“ハードル”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。