バスト計測わずか5秒!ワコール原宿店の衝撃

次世代型店舗で、下着の選び方は変わるのか

東急プラザ表参道原宿にオープンしたワコールの次世代型ショップ「ワコール3D smart&try」(撮影:尾形文繁)

東京・表参道と明治通りの交差点に立つ東急プラザ表参道原宿の4階。ブラジャーやランジェリーが壁面に陳列された店舗の奥に3つの小さな個室が並ぶ。その室内に設置されているのが、カメラを内蔵した採寸用の3Dボディースキャナー。店内中央にある大きなソファの周りには、客が自由に利用できるiPadが8台用意されている。

5月30日、下着メーカー国内最大手のワコールはインナーウェアショップ「ワコール3D smart&try」をオープンした。そこには従来の下着店で目にしたことのない光景が広がっていた。

詳細な採寸結果がすぐ手元に

ワコール 3D smart&tryは、ワコールが開発した最先端のサービスを体験できる“次世代型ショップ”の第1号店。目玉は、3Dスキャナーによるセルフ採寸とAI(人工知能)を活用したタブレット接客だ。

利用客は個室内で下着のみを着用した状態となり、スキャナーの内側に立つと、5秒で全身の採寸が完了する。事前に設定した生年月日と暗証番号を入力すれば、データの詳細を店内のタブレット上でも確認することができる。確認できるのは自分自身の体が3D化された画像のほか、バスト、ウエスト、ヒップなど18カ所の採寸結果だ。

そのうちバストに関しては、体積を含めたより細かな計測データとともに、ブラジャーの最適なサイズを表示。採寸結果はその場で印刷して持ち帰ることができる。

タブレット上ではワコールが展開するさまざまな商品の中から、好みのデザインやシルエットに応じておすすめの商品を提示。気になった商品は試着・購入も可能だ。店頭に在庫がなければ、送料無料で自宅配送を受け付ける。ここまでの一連のステップは客がセルフで行えるが、専門知識を備えた販売員が常駐し、相談や個室でのカウンセリングにも応じている。

次ページ高かった売り場の“ハードル”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT